「一番お買い得なHDD」が交代か、1.5TBモデルのHDDが急速に値下がり


2週間前にGIGAZINEで1TBのHDDが8000円を割り、非常にコストパフォーマンスが良くなったことをお伝えしましたが、想像を上回るスピードで1.5TBのHDDが値下がりしたため、一気に最高クラスのコストパフォーマンスを実現したHDDとなったことが明らかになりました。

現在販売されているモデルの中ではもっとも容量が大きいHDDとなるため、大容量の記録媒体が欲しい人にはちょうどいいかもしれません。

詳細は以下の通り。
価格.com - SEAGATE ST31500341AS (1.5TB SATA300 7200) 価格比較

大手価格比較サイト「価格.com」によると、12月29日2:40現在、Seagateの1.5TBモデルのHDD「ST31500341AS」が1万1869円で販売されています。

価格変動グラフはこんな感じ。2ヶ月で7000~8000円近く下落しています。


ちなみに最も安い1TBモデルのHDDは7749円となっているため、わずかな差で1TBモデルのHDDが最もコストパフォーマンスの高いHDDとなっていますが、高コストパフォーマンスで少しでも大容量のものが欲しいユーザーにとっては朗報なのではないでしょうか。

・関連記事
世界最大容量更新、ついに2TBのHDDが登場 - GIGAZINE

2GBのmicroSDメモリカード、ついにおよそ100円まで値下がり - GIGAZINE

HDDを超える容量、ついに東芝が512GBモデルの爆速なSSDを発売へ - GIGAZINE

日本からも購入可能、47インチの高画質液晶テレビが5万円台に - GIGAZINE

32GBのUSBメモリの価格が依然急落中、1GBあたりの単価も激安に - GIGAZINE

in ハードウェア,   メモ, Posted by darkhorse_log