今日は毎月恒例「Windows Update」の日、全部で8件


毎月更新されるWindowsのセキュリティ更新やバグ修正が配信されました。今月は緊急が6件、重要が2件となっています。Microsoft Office、Internet Explorerの脆弱性に関する修正が多いようですので、すぐにアップデートしておきましょう。

Windows Update
http://windowsupdate.microsoft.com/


詳細は以下2008 年 12 月のセキュリティ情報

MS08-071 - 緊急 : GDI の脆弱性により、リモートでコードが実行される (956802)

MS08-073 - 緊急 : Internet Explorer 用の累積的なセキュリティ更新プログラム (958215)

MS08-070 - 緊急 : Visual Basic 6.0 ランタイム拡張ファイル (ActiveX コントロール) の脆弱性により、リモートでコードが実行される (932349)

MS08-075 - 緊急 : Windows Search の脆弱性により、リモートでコードが実行される (959349)

MS08-072 - 緊急 : Microsoft Word の脆弱性により、リモートでコードが実行される (957173)

MS08-074 - 緊急 : Microsoft Office Excel の脆弱性により、リモートでコードが実行される (959070)

MS08-077 - 重要 : Microsoft Office SharePoint Server の脆弱性により、特権が昇格される (957175)

MS08-076 - 重要 : Windows Media コンポーネントの脆弱性により、リモートでコードが実行される (959807)

次回は2009年1月14日に提供予定となっています。

セキュリティ情報リリース スケジュール

・関連記事
マイクロソフトのアンチウイルスソフト、Outlookのメールを間違って全削除 - GIGAZINE

コンピュータウイルスの発生状況を世界地図で表示する「F-Secure World Map」 - GIGAZINE

悪意あるソフトの80%はアンチウイルスソフトが効かない - GIGAZINE

ウイルスを見えるようにビジュアル化したCG - GIGAZINE

0

in ソフトウェア,  ネットサービス, Posted by darkhorse_log