巨大な光る「何か」がものすごい勢いで地表へ落下する様子を偶然、警察のカメラが撮影に成功


2008年11月20日の午後5時半頃、警察に緊急電話が殺到、目のくらむような明るい光を放ちながら上空を「何か」が横切っていったとのこと。最初は緑と青の光、それから赤く輝き、光の大きさはかなり巨大であったそうです。

その様子を同時刻にパトロールしていた警察の車両に搭載されていたカメラが撮影に成功、YouTubeにて公開されています。

再生は以下から。
これがそのムービー。撮影場所はカナダのアルバータ州の州都エドモントンです。

YouTube - Police dash cam of Meteor over Edmonton, Canada


現地での目撃証言などから、天文学者であるAlister Ling氏はアルバータ州の中部に何かが落下したと分析しており、アルバータ大学のChris Herd教授は数トンの重さで大きさ数メートルの隕石が落下してきた可能性があるとしています。すでにより多くの隕石の破片や金属がアルバータ州で見つかっており、地表まで燃え尽きずに残った部分があるかもしれないそうです。

・関連記事
「異星人に狙われている」男、隕石が5回も家に落ちてくる - GIGAZINE

ペルーの村で、近くにいん石が落ちてから謎の病気が流行中 - GIGAZINE

UFOか隕石群かスペースデブリみたいなもの、大量にデンバー上空を横切る - GIGAZINE

地球に隕石が大激突してできた知られざる巨大インパクト・クレーター トップ10 - GIGAZINE

記録的大きさの隕石がノルウェーを直撃 - GIGAZINE

in 動画, Posted by darkhorse