ソフトウェア

Vistaの次のウインドウズ「Windows 7」は2010年初頭に日米同時発売を予定


マイクロソフト副社長が産経新聞のインタビューに応じたところによると、「Windows 7」の発売は2010年初頭になるとのこと。

一応、既に2008年4月の段階でビル・ゲイツが「Windows 7は2010年に登場する」と明言しており、今回は「2010年初頭」になっているので、それよりもさらに一歩踏み込んでいます。

詳細は以下から。
ウィンドウズ7は2010年初頭に日米同時発売 - MSN産経ニュース

産経新聞社のインタビューによると、日本語版と英語版は同時に開発されているとのこと。これの理由として低価格ノートPC、いわゆる「ネットブック」が人気になって売れていることから、これらの低スペックPCでも快適に動作するとされている「Windows 7」を全世界同時発売し、勢いを付けたいようです。

ちなみに、現在テスト中の「Windows 7」の初期ビルドですが、「Vistaと同等のパフォーマンスだが初期ビルドにしては信じられないほど安定している」とされており、実際のレビューを読んでも、そこそこ快適に動いているようです。

一説では「2009年中にも間に合うかもしれない」とされていましたが、さすがにそこまで高速でリリースするとVistaが本当に「いらない子」扱いになってしまうので、少し遅らせるようです。

・関連記事
Vistaの次のウインドウズ「Windows 7」の新機能をスクリーンショット付きで大解説、地味に改善されていることが明らかに - GIGAZINE

「Windows 7」が実際に動作している様子のムービーを公開、思っているよりも動きはスムーズ - GIGAZINE

新OS「Windows 7」で出ると予想されるエディションあれこれ - GIGAZINE

Vistaの次、「Windows 7」の超高速起動ムービー - GIGAZINE

in ソフトウェア,   メモ, Posted by darkhorse