危険な口呼吸を抑制して鼻呼吸がラクにできる鼻孔拡張テープ「ブリーズライト」を実際に試してみました


花粉症や風邪による鼻のつまりやいびきに効果的だという鼻孔拡張テープ「ブリーズライト」、そもそも以前からちょっと気にはなっていました。理由は簡単、鼻がつまりやすいから。すぐに鼻がつまる体質の人はわかると思いますが、気がつくと口呼吸をするのが習慣付いていたのです。しかし、調べてみると、どうやら口呼吸というのは鼻呼吸に比べて「危険な要素」がいくつかあるらしく、これを機会にブリーズライトを使って、鼻呼吸にがんばって矯正してみることにしよう……と、こういうわけです。

「口呼吸が危険な3つの要素」や「鼻呼吸が安全な3つの要素」、そして口呼吸から鼻呼吸へ矯正すると何が起きるのか?ということで、口呼吸ばかりしている編集部員による体験レポートは以下から。
貼った瞬間、はな、ひらく。ブリーズライト!
http://hanahiraku.jp/


■口呼吸が危険な3つの要素

常日頃から口で金魚みたいにパクパクして無意識に呼吸していたわけですが、どうやらこの記事によると、口呼吸は危険らしいです。理由は以下の3つ。

・その1:病原菌が肺に取り込まれ、全身に運ばれてしまう

口から吸引した空気はそのままのどまで行ってしまい、のどの粘膜がさまざまな病原菌に無防備におかされることになって、さらに病原菌が肺に取り込まれて全身に運ばれてしまうとのこと。確かに普段から風邪を引きやすいような体質だった気がしますが、これが関係あるのかも。

・その2:のどを乾燥させ、加湿不十分な空気が肺に入る

のどには、温度・湿度の調節機能がありません。そのため、ほぼ吸い込んだときと同じ状態の空気がのどを直撃し、のどを乾燥させたり冷やしたりしており、炎症をおこして、腫れてしまう可能性があります。なんだか口呼吸をしていると今すぐそこにある危機を感じます。

・その3:鼻腔や副鼻腔に細菌やウイルスが増殖しやすくなる

空気が鼻腔を通らないと、汚れがたまり、常にじめじめした状態になるため、ウイルスが増殖してしまうとのこと。結局3点とも総合すると「病原菌とか細菌とかウイルスとかが増殖して体に悪いよ!」ということになるようです。うーん、確かにこのままではいけない気がしてきました。

■鼻呼吸が安全な3つの要素

今度は逆に鼻呼吸に移行するとどういうメリットがあるのかをこの記事で見てみましょう。

・その1:吸い込んだ空気の除塵をしてくれる
人が吸い込む空気にはさまざまな病原菌が含まれています。鼻の粘液には抗菌作用のあるさまざまな成分が含まれています。吸い込んだ空気に含まれている細菌・ウイルスが体内に入らないように、ここで防御しているのです。

・その2:吸い込んだ空気の加湿をしてくれる
鼻は空気を吸い込むだけの単純な器官ではありません。「優れた加湿器」とも言われるように、鼻は空気に適度な湿り気を与えます。さらに、温度も調整して、いちばん良い状態で肺に送り込みます。

・その3:病原菌の繁殖を抑える
吐く息も鼻腔を通ることで、鼻腔を適度に乾燥させ、カゼのウイルスなどの病原菌の繁殖を抑える効果を発揮しているそうです。なんだか鼻呼吸に移行しないと、このまま人生が終了しかねない勢いです。

■口呼吸から鼻呼吸へ矯正するとどうなるのか?

現時点でもう既に「鼻呼吸にしないと」と思っているわけですが、鼻呼吸のメリットはこの3点以外にもこの記事によると下記のような点も、あるようです。

・握力、背筋力などの体力が高まる
・計算力などの集中力が高まる

理由としては、「口呼吸時には、からだに必要な酸素が十分吸収されておらず、酸素不足で能力が落ちていた」ため、とのこと。なんだか説得力があるような無いような、ここまで来るともうどれが正しいのかがわからなくなってきました。論より証拠、うじうじしていても仕方ないので実際にブリーズライトを使ってみることにしました。

■というわけで、使ってみた

これがブリーズライトの実物


サイズはレギュラーとラージの2種類。今回はレギュラーを使用。


通気率が31%ほどアップするらしい。


全部で10枚入り、サイズは17mm×55mm。原産国はアメリカ。なので、なんだか妙にアメリカナイズされた雰囲気が漂っています。


中には着用説明書とブリーズライトが。


いかにもアメリカ製という感じ。


1枚ずつこうやって切り離せるので持ち歩きも簡単


開封。何か出てきました。


これで1枚。最大12時間使用の使い切りです。


裏面にあるシールをはがして鼻に貼り付けます


同封の説明書によると、こんな感じでプラスチックバーの反発力でひっぱり、鼻孔を拡げるという感じ


貼り方はこんな感じ。鼻骨の下を両側から指でつまんで、呼吸ができなくなるところが最適の位置。


こういうメカニズムによって、いびき抑制にも効果的


こんな感じでシールをはがして貼りましょう


このあたりの位置に貼ってみたところ、息がラクに。普段から鼻づまり気味なので露骨に効果を感じることが可能でした。


あまりにも鼻のとおりが良くなったので(普段からつまりすぎという説あり)、そのまま調子に乗って編集部内で軽く仮眠してみたところ、これまでにない勢いで熟睡。眠りが妙に深くなりました。口も閉じっぱなしなので当然喉が渇くこともなく、いい感じでした。ついでに自分ではわからなかったのですが、なんといびきの音も抑制され、近くに座っている他の編集部員いわく「寝ているのに気づかないぐらい静か」だったとのこと。効果ははっきり言うと「かなりあり」というのが実感です。

ただ、普段から鼻呼吸で、つまり気味でもない編集部員は「差がさっぱりわからない」とのことなので、「ちょっと鼻がつまっているのを何とかしたい」とか「いびきがうるさいらしい」とか「口呼吸している」というような人であれば如実に効果が実感できるのではないかと。

なお、以下のページで毎月100名に「ブリーズライト」のサンプルをプレゼントしているとのことなので、試しに使ってみたい人は応募するのもありです。

貼った瞬間、はな、ひらく。ブリーズライト サンプル プレゼント!

0

in レビュー,   メモ,   広告, Posted by darkhorse