メモ

ロンドンで開催されたマラソン大会、優勝者はウサギだった


イソップ物語の「ウサギとカメ」では、カメよりも圧倒的に速いのに途中で寝てしまったウサギは、カメとの競争に敗れてしまいます。しかし、眠ることなく走っていればウサギが圧勝していたはず。それを証明するかのようにロンドンで開催されたハーフマラソンの大会では、ウサギの着ぐるみの男性ランナーが優勝したそうです。

持久力が重要となるマラソンで被り物を着けるというのはかなりのハンディキャップとなりますが、ウサギの正体はとんでもない人物でした。

詳細は以下から。
Ananova - Rabbit wins half marathon

ロンドンの中心部を走るハーフマラソン大会「Royal Park Foundation」には1万2000人という多くのランナーたちが参加していたのですが、優勝したのはウサギマスクの男でした。

撮影された優勝者の姿。


大きなハンディキャップを背負いながらも優勝を果たしたウサギ、実は中の人は2012年のオリンピックで金メダルを期待されているケニアの中距離走者のエースJohn Muriithi氏だったそうです。

大会にはMuriithi氏の他にも10人のケニア人選手たちが森林動物チームとして、仮装したまま走っていたとのこと。「私にとっては好きなコースで、応援もうれしく、ウサギになるのは楽しかった」とMuriithi氏は述べているそうです。

・関連記事
タカの攻撃を忍者のように華麗に避け続けるウサギ - GIGAZINE

窮鼠猫を噛むように、ウサギがヘビを追い回すムービー - GIGAZINE

ルームランナーで全然走らないネコとがんばって走るネコ - GIGAZINE

猛暑なのに全身を包む重装備で来てたコスプレイヤーたち - GIGAZINE

in メモ, Posted by darkhorse_log