Googleが10億5000万円で世界のできるだけたくさんの人々の役に立つ画期的なアイデアを募集して実施する「プロジェクト10の100乗」


最もたくさんの人に役立つプロジェクトを実現させませんか」ということで、あのGoogleが1000万ドル(約10億5000万円)を実施資金として提供してくれるそうです。どのようなすばらしいアイデアがあっても、それを実現するためには結局お金が必要なので、「資金さえあればできるはずだ!」というアイデアがあるならば、募集する価値はかなりあるはず。

応募期限は10月20日となっており、このイベント自体は「おかげさまで 10 周年」というGoogle10周年記念イベントの一環だそうです。それにしてもなかなか大胆な金額ですね……。

というわけで、実施理由や概要、アイデア応募の詳細、評価基準などは下記から。
プロジェクト 10 の 100 乗

大体こんな感じ、というイメージムービー。


実施する理由は以下のようになっています。

今や、かつてないほど多くの人々が多くの情報を手に入れ、さまざまなツールを自由に活用し、優れたアイデアを実用化できるようになりました。それと同時に、あらゆる立場の人々が多かれ少なかれこのようなアイデアの恩恵を受けています。

こうした状況にあって、最近の調査では、必要最小限の物質的な豊かさの中で、個人がより幸せを感じるのは人の役に立つことである、というシンプルな見方が強まっていることが判明しています。

つまり、人の役に立つことは、自分の役にも立つ、ということです。

ここで生じる疑問は、どうすれば人の役に立てるのか、またどうすれば十分に役に立てるか、ということです。

Google にその答えがあるわけではありませんが、答えはいたるところに存在するはずです。研究機関や会社、大学で見つかるかもしれないし、見つからないかもしれません。

本当の答えは頭の中、つまり今まで見てきたものや考えをめぐらせてきたことの中にひそんでいることもあれば、物事のちょっとしたつながりを発見したときや新しい視点で古いものを見直したときに気づくこともあるのです。

今、誰かの役に立つようなアイデアをお持ちでしたら、ぜひ教えてください。Google では、できるだけ多くの人々の役に立つアイデアを募集し、その実現を支援します。独自のアイデアを応募することも、他のアイデアに投票することもできます。アイデアの最終選出は専門の選考チームが行います。

役立つアイデアを心よりお待ちしています。

プロジェクトの概要として、締め切りは10月20日、アイデアの要旨を応募フォームに入力して応募することになっており、YouTubeにアイデアを説明した動画 (30秒以内)をくっつけることも可能です。

Googleが選出した100のアイデアの中から、最終選考に進む20のアイデアを2009年1月27日に投票で決めます。その後、専門の選考チームにより最終的に5つのアイデアが選出されることになっています。この5つのアイデアそれぞれに1000万ドルを提供するというわけ。ここからメールアドレスを登録しておくと、投票期間開始時に通知メールが来る仕組みです。

アイデア募集を行うカテゴリは以下の通り。

コミュニティ: 人々を結びつけ、コミュニティを形成し、固有の文化を保護する
機会提供: 人々とその家族の自立を支援する
エネルギー: 安全でクリーンで安価なエネルギーへの移行をサポートする
環境: 汚染のない持続可能な地球環境を推進する
健康: 個人が健康で長生きできるように援助する
教育: より多くの人々がより良い教育を受けられるように援助する
安全保護: 誰もが安全な場所で生活できるように支援する
その他: カテゴリに分類できないアイデア


選択基準は以下のような感じ。

対象: どのくらい多くの人々に影響を与えるか?
影響度: どの程度の影響を人々に与え、どのくらい急を要するか?
可能性: 1、2 年で実現できるかどうか?
効果: どのくらいシンプルで費用効果が高いか?
継続性: 影響はどのくらい持続するか?


なお、注意事項として、アイデアを応募して実際に採用された場合、アイデアを出した人がもらえるのは「自分のアイデアが本当に多くの人々の役に立つという報酬と満足感」であって、1000万ドルはそのアイデアを実施する組織に提供されるそうです。一応応募時に、そのアイデアを実現できそうな組織を入力可能なのですが、その組織に依頼されるかどうかはGoogleが決めることになっています。このあたりの詳細は「よくある質問」で確認しておきましょう。

・関連記事
Googleはなぜ「全自動化」できないサービスでは負けるのか?~前編~ - GIGAZINE

GoogleのCEO、エリック・シュミットによる経営哲学とは? - GIGAZINE

日本社会で起業するため本当に必要な9つのモノ - GIGAZINE

クリエイティブなプログラマーから学ぶ14個の事柄 - GIGAZINE

やる気を出させる7つの方法 - GIGAZINE

何をするにも成功するために必要な10個のスキル - GIGAZINE

DELL、ネット上でユーザーからアイディアを募って議論する「Dell Ideastorm」を開始 - GIGAZINE

ソニー、ゲーム制作志望者にすべての費用を負担する「PlayStation C.A.M.P!」を開始 - GIGAZINE

ゆとり教育世代の現役大学生の実態が垣間見える「ビジネスコンテストデルタ2008」に行ってきました - GIGAZINE

仕事の効率を改善することができるすごい壁紙 - GIGAZINE

in 動画,   メモ, Posted by darkhorse