自転車をこいでいる速度を周りに知らせてくれる服


自転車の速度は自動車から見ても歩行者から見てもいまいち分かりづらいものですが、速度によって数字を変えて光で表示するベストを作った人がいるようです。

速度は背中に表示されるので自分で確認することは出来ませんが、自転車で車道を走る場合などは、後方に情報を伝えられるため、安全性が上がりそうです。

詳細は以下から。
速度を表示する「スピードベスト」は、サイクルコンピュータのように車輪にセンサーをとりつけることで、背中に現在の速度を表示させるとのこと。表示できる最高速度は時速70マイル(時速約112km)。

スピードベストを着て街中を走るムービー。
YouTube - The Speed Vest - Speed Trials



設計を行ったMykle Hansen氏のブログでは、ベストを作り上げる様子が見られます。
mykle systems labs >> Blog Archive >> Speed-Vest!

ディスプレイ製作風景。単三電池1本で6時間表示できるそうです。


ガジェットコンテストに出すためにマネキンも製作。


展示されたスピードベスト。


コンテストによって見事に150ドル(約1万5000円)の商品券を獲得しました。


スピードベストは現在、子どもに交通安全について教えるときに使われているそうですが、来年には普通に購入できるようにもなるそうです。

・関連記事
ひどい扱いを受けている自転車専用レーン - GIGAZINE

「自転車」で爆走して数台のパトカーから逃げ切るムービー - GIGAZINE

衝撃写真、自転車レースに自動車が突っ込んできた - GIGAZINE

自作の時速54kmで走る自転車 - GIGAZINE

絶対に自転車を盗まれない鍵のかけ方 - GIGAZINE

0

in 動画,  メモ, Posted by darkhorse_log