Appleが新たな入力インターフェースの特許を出願、実現するとえらいことに?


マルチタッチスクリーンを用いることで操作性が飛躍的に向上しているAppleのiPod touchやiPhoneですが、Appleは新たな入力インターフェースについての特許を出願したそうです。

これは従来の複数の入力方式を組み合わせたもので、実現すると格段に操作性が向上する反面、街中に面妖なユーザーがあふれかえるようになるかもしれません。

詳細は以下の通り。
Apple is looking beyond Multi-Touch >> Unwired View

この記事によると、Appleは既存のマルチタッチスクリーンを用いた入力インターフェースに、別の入力方式を組み合わせることで、操作性を格段に向上させる特許を出願したそうです。

これはマルチタッチ入力に音声入力を組み合わせることで、画像をタッチしてリサイズや回転させながら、「色を変えろ」などと音声入力することで、タッチするだけではできなかった複数の操作が可能になるというもの。

さらにiPhoneなどに搭載されている加速度センサーとマルチタップ入力を組み合わせることで、タッチジェスチャーの精度を向上させる方法や、搭載されているカメラを使ってユーザーの目の動きを追尾し、それに合わせて画面上のカーソルを操作する方法、ユーザーの表情を認識して困っているようであればヘルプ画面を出すといった方法についても触れられています。

つまりこれがすべて実現した場合、iPhoneやiPod touchに向かってブツブツ何かをつぶやきながら不自然なまでに喜怒哀楽を顔に浮かべつつ、目を四方八方にグリグリ動かしているユーザーを街中で見かけるようになるということなのでしょうか…。

・関連記事
iPhone 3Gの販売台数は実質「敗戦」状態か - GIGAZINE

安価になった新しいiPodシリーズとiTunes8.0は9月9日に発表か - GIGAZINE

9月後半にAppleから定額で音楽がダウンロードし放題の「iTunes Unlimited」登場か - GIGAZINE

iPhone 3Gのホワイトモデルに「ヒビが入った」という悲痛な報告が殺到中 - GIGAZINE

iPhone 3Gの製造コストは初代iPhoneを下回るほど低い? - GIGAZINE

0

in メモ, Posted by darkhorse_log