メモ

ビルの壁に約15メートルの巨大クモが出現


イギリスのリバプールにあるビルに50フィート(約15メートル)のクモが出現したようです。その光景はまるで映画に出てきそうな光景で、謎の生物が襲撃しているように見えます。このクモは本物ではなく機械で作られたものですが、なぜ街の真ん中でこのようなクモを展示したのか、またこのクモは動くことができるのか気になります。

詳細は以下より。BBC NEWS | UK | England | Merseyside | Huge spider is latest arts event

deputydog | 50ft tall mechanical spider appears in liverpool city centre

このクモはリバプールの文化祝典で展示されたものであり。今月の7日(現地時間)まで展示されるとの事。このクモの大きさは50フィート(約15メートル)で、重さは37トンあり、かなり巨大なものになっています。このクモはフランスの会社によって制作され、輸送費だけでも180万ポンド(約3億4500万円)もかかったとのこと。

遠くから見てもインパクトがあります。


近くで見ると、もっと迫力があります。


このクモは水や雪を降らすこともできるとのこと。また50の関節を持っており歩くことも可能となようです。

アップで見ると操縦席のようなものが見えます。


このように歩けるようです。


2006年にロンドンで巨大ゾウを歩かせたようなのですが、今回はビルの壁をはって歩かせたいと開発者は言っているようです。

これが2006年に登場した巨大ゾウ。


街の人々の反応はさまざまで、おもしろがっている人もいれば、クモが大嫌いで不快に思っている人もいる様子。クモが回収されるまで今日を含めてあと4日。ビルの上をあるいてくれることを期待します。

・関連記事
ビルの壁面に巨大な鳥の巣を作り、そこに住む男 - GIGAZINE

スパイダーマンの姿をした安心感あふれる窓ふき業者が中国に登場 - GIGAZINE

世界中の塔やビルを素手で登り続けるスパイダーマンの写真 - GIGAZINE

窓ふき業者のゴンドラがビルをボコボコに - GIGAZINE

2010年の上海エキスポに向けて人型のビルが建設予定 - GIGAZINE

ガラス張りのビルから反射した光が芝生を焼いている写真 - GIGAZINE

in メモ, Posted by darkhorse_log