なぜママとパパが赤ちゃんが最初に話す言葉なのか?


赤ちゃんが生まれて初めて口にする言葉の代表として「ママ」や「パパ(ダダ)」があげられます。一番身近な存在という事もありますが、最近の研究ではほかの要因もあることが分かったようです。

「ママ」と「パパ」に含まれる法則の言葉を、22人の新生児に聞かせたところ、脳にある反応が起きたようです。では、どのような事が起きたのか見ていきましょう

詳細は以下より。LiveScience.com: Life's Little Mysteries - Why Are 'Mama' and 'Dada' a Baby's First Words?

赤ん坊の脳内をブレーンスキャンで見てみたところ、「ママ」や「パパ」のような繰り返しているような言葉を聞いた場合、左の前頭野の活動が活発になっていることが分かったようです。また、末尾が繰り返しになっている言葉(例えば「いのしし」など)でも同じ結果が得られたとのこと。一方、反復していない言葉に対しては何も反応は見られなかったようです。

このことから同じ読みを繰り返す言葉自体が、赤ん坊でも容易に認識できる言葉であり、効率よく学習する言葉であるということが分かったようです。そこで、世界的に広く利用されいる、両親の表わす言葉の「ママ」や「パパ」が、一番身近で繰り返し言葉であるため、赤ちゃんが初めに口にする言葉になることが多いようです。

・関連記事
思わず笑ってしまう、正しい赤ちゃんの扱い方 - GIGAZINE

危険から赤ちゃんを守るための防弾ベビーカー - GIGAZINE

卓越したバランス感覚で父親の手のひらの上に乗る赤ちゃん - GIGAZINE

三つ子を妊娠している妊婦のおなかの7週目から出産までの写真 - GIGAZINE

幼女と犬の飽くなき闘争ムービー - GIGAZINE

0

in メモ, Posted by darkhorse_log