高性能な低価格デスクトップ「EeeBox」登場、コンパクトで静音な上に低消費電力


以前GIGAZINEで「EeePC」のデスクトップ版となる「EeeBox」が登場したことをお伝えしましたが、ついに日本での発売が決定しました。

非常に安価なモデルとなっているにもかかわらず高性能な上に、デスクトップパソコンとは思えないコンパクトさと低消費電力、静音性を実現しています。

詳細は以下の通り。
ASUSによると、9月13日から「EeeBox」のブラックとホワイトモデルを発売するそうです。

「EeeBox」のOSはWindows XP SP3で、AtomプロセッサN270(1.6GHz)、1GBのメモリ、80GBのHDDを搭載。通信機能として1000BASE-T/100BASE-TX/10BASE-Tの有線LANとIEEE802.11b/g、IEEE802.11nに対応した無線LANを搭載しており、マルチカードスロットと2つのUSB2.0ポートなどをインターフェースとして採用。

また、本体は横幅わずか26.9mmで体積1リットルの超コンパクトボディであるため、VESA75/VESA100対応の液晶ディスプレイにマウントできるようになっているほか、20Wの超消費電力と、図書館の中の騒音とされる40dBを下回る26dBの動作音を実現しています。

なお、約7秒クイック起動でWEBブラウジングが可能な「Express Gate機能」を標準搭載しており、オンラインチャットやSkypeなども利用可能。気になる予想実売価格はEeeBox本体が4万4800円、15.6型ワイド液晶ディスプレイセットが5万9800円、19型ワイド液晶ディスプレイセットが6万4800円程度となっています。

これがブラックモデル。


15.6型ワイド液晶ディスプレイ。本体カラーに合わせてブラックとホワイトを選択できます。


非常に安価で高性能なデスクトップパソコンとなっていますが、ブラウジングなどがメインのライトユーザー向けマシンとしては非常に良いのではないでしょうか。

「EeeBox」の詳細は以下のリンクが詳しい。

ASUS | Eee Box

・関連記事
「Eee BoxのDドライブにウイルスが感染したまま出荷されている」らしいので、実際に買ってきて検証してみた - GIGAZINE

ついに5万円を切った「EeePC900」が登場、軽量で高性能な廉価モデルに - GIGAZINE

EeePCなどを衝撃から本格的に保護するケースが登場、持ち歩きも安心に - GIGAZINE

「EeePC901」よりも安価でスタイリッシュな「Aspire one」が値下げ - GIGAZINE

EeePCやデジカメに最適、16GBのSDHCカードが5000円割れ - GIGAZINE

ソニーや東芝も低価格ノート市場に参入か、すでに部品製造メーカーとも交渉 - GIGAZINE

ThinkPadでおなじみのレノボ、低価格ノートパソコン「IdeaPad S10」を発表 - GIGAZINE

低価格ノートパソコンが空前のブーム、年内にシェア5割達成へ - GIGAZINE

デュアルコアAtom、大容量SSDを搭載した「EeePC」のハイエンドモデル「Sシリーズ」が9月に登場か - GIGAZINE

0

in ハードウェア,  メモ, Posted by darkhorse_log