メモ

ユカタン半島の地下でマヤ文明への入り口が見つかる?

by Sergio Kasusky

中南米に3世紀から17世紀末にかけて栄えたマヤ文明。メキシコ南東部からベリーズにまたがるユカタン半島にはマヤ文明の遺跡が数多く見られますが、最近その地下でさらなるマヤの遺跡への入り口が見つかったそうです。

詳細は以下から。
ユカタン半島で調査を行っている考古学者が、地下に続く14の洞窟で石造りの神殿やピラミッドが発見されたと発表しました。そして、最近発見された洞窟の中にもコンクリートの道が円柱に沿って水たまりまで90mにわたって続いているのが確認されており、「こういうパターンでは水中や水のそばで神殿を発見することがある」と研究者のGuillermo de Anda氏は述べています。de Anda氏は半年にわたってユカタン半島の調査を行っており、洞窟内には石碑や大きな石柱、司祭の彫刻などのほか、陶器や人間の遺体もあるそうです。

by José Arnoldo

ボストン大学のマヤ文明専門家William Saturno氏によると、これらの水中神殿はマヤ人たちが森林に洞窟を深く掘り、さらに水中に潜って建てたもので、神殿制作にマヤ人がかなりの力を注いだことを示しているとのこと。他のマヤの地下世界への入り口はグアテマラやベリーズ北部のジャングルの中で発見されています。

Portal to Maya Underworld Found in Mexico?

・関連記事
地球に隕石が大激突してできた知られざる巨大インパクト・クレーター トップ10 - GIGAZINE

古代遺跡を宇宙から見た高解像度写真 - GIGAZINE

ついにインディ・ジョーンズ第4作目「クリスタル・スカルの王国」の予告ムービー登場 - GIGAZINE

in メモ, Posted by logc_nt