取材

無料でおかき食べ放題&飲み放題のカフェ「free cafe 播磨屋」に行ってきました


おかき専門店「播磨屋本店 東京本店」が今年の1月からおかきはすべて無料、飲み物もすべて無料というセルフサービスのカフェ「無料カフェ 播磨屋」を始めたということなので、早速行ってきました。

というわけで、おかき無料食べ放題&飲み放題の「free cafe 播磨屋」レポートは以下から。
店舗の場所は東京都千代田区霞が関3-8-1虎の門三井ビル1F、営業時間は午前10時から午後7時まで。定休日は日・祝(12月は除く)とのこと。

大きな地図で見る

現場到着、なんだか日本庭園風になってます。


で、入り口はこっち


これが入り口、確かに「0円」と書いてある。「cafe」は正確にはこの看板のようにして表記します。


中は禁煙で、入り口に「無料カフェです」と明記してあるため、通りすがりの人が次々と中に入ってきて、結構にぎわっていました。


すべてセルフサービス、「テイクアウトはご遠慮ください」とのこと。


壁際の2人席だとこんな感じ。一人で来ている人もかなり多いです。


窓側の席だとかなりそれっぽい雰囲気がある


奥におかきと飲み物、そして返却スペース


右側に飲み物コーナーがある。


水、紅茶、コーヒー、お茶などが用意されており、砂糖やフレッシュもあります。おかきを食べると喉が渇くのでこれは必須。


食べ終わったらここに返却します


おかき各種いろいろ、お皿が近くに置いてあるので、その上に好みのおかきを乗せて持って行くわけです。


前を見るとこういう看板が。もちろんその場で購入することも可能です。感覚的にはデパ地下のおかき試食コーナーに近い。


おこげのおかき「助次郎」、これはかなりしょうゆの風味が香ばしく、何枚でもいけそうな感じ。


これは青のりの香りがいい感じの「のりおかき」、オーソドックスですが飽きが来ない。


丹波黒豆を使用した「御やきもち」、黒豆とおかきとの相性の良さは異常。


これは昆布風味の「おかき皇」、その名にふさわしいぐらいうまい。軽くサクサクとしているのですが、味わい深いという感じです。お茶とよく合う。


これは名前が付いていませんが、「コウノトリの福袋」という一寸法師あられ。何往復かしてそのたびに違う味のあられをゲットして味わってしまいました。それぐらい味のレパートリーが広い。


一寸法師あられ各種いろいろ。どれもこれもかなりおいしい。特に写真一番奥の「一口揚せんカレー」の和風カレー風味、手前左にある「さくらサクラあられ」の静岡駿河湾産サクラエビの香ばしさ、真ん中上にある「童げんこつ生姜糖」の伊勢名物生姜糖味は絶品でした。これが無料で食べられるというのがすごい。


とりあえず大きなおかきを1枚ずつ取ってきました


飲み物と組み合わせ、こんな感じでいただきます


実際に体験してみるとわかるのですが、非常にいい感じです。おかきはおいしい、飲み物はちゃんとある、くつろぐことができる、ほとんど文句なしの完璧さ。「本当にこれが無料なのか?」というほどのレベルの高さです。セルフサービスとは言っても、見ているとこまめに飲み物の補充やおかきの補充を行っており、生半可な店では太刀打ちできないのではないかと。

なお、この東京本店以外に姫路店でもサービスを開始しており、今後は福岡店、京都店でも同様の無料サービスを予定しているとのことです。

・関連記事
全国で唯一ケンタッキーフライドチキンが食べ放題の「カーネルバフェ」に行ってきた - GIGAZINE

CoCo壱番屋で「カレーのトッピング全部のせ」に挑戦してみた ~注文編~ - GIGAZINE

CoCo壱番屋で「カレーのトッピング全部のせ」に挑戦してみた ~実食編~ - GIGAZINE

バレンタイン チョコレートパーティーで食べ放題だったチョコレート一覧(前編) - GIGAZINE

バレンタイン チョコレートパーティーで食べ放題だったチョコレート一覧(後編) - GIGAZINE

大食い王・ジャイアント白田のうどん専門店「しろたや」に行ってうどんを食べてきた - GIGAZINE

in 取材,   試食, Posted by darkhorse