ついに「光学迷彩」に使える不可視の新素材が登場へ


この新素材「Metamaterial(メタマテリアル)」は今週末にネイチャー誌で発表される予定で、光を違う方向に転送する(ねじ曲げる)ことによって、不可視にしてしまうというもの。既に可視光線を曲げるテストが行われており、冗談抜きで攻殻機動隊に出てきた周囲の風景と同一化して透明になる「光学迷彩」が実現する一歩手前まで来たようです。

詳細は以下から。
New Material Could Make Objects Invisible | LiveScience

この素材は可視光線に対して「負の屈折率」を持っており、「自然界において存在しない異常な光学的性質」を持っているとのこと。これによって電磁波の方向を変えることが可能になっているため、不可視にできるというわけ。

なお、今回の研究はカリフォルニア大学バークレー校の全国科学基金の研究所によって発表されるもの。Jason Valentine、Jie Yao、Xiang Zhangらが作成したものとなっており、「魚網構造」であり、「明白に負の屈折率を示す」としています。

実際にはどのようなものが完成するのでしょうかね……。

・関連記事
イギリス国防省が光学迷彩のような「目に見えない戦車」を実用化へ - GIGAZINE

景色の中に自然にとけ込むようなカモフラージュのアート - GIGAZINE

ついに「攻殻機動隊」がハリウッドで実写映画化へ - GIGAZINE

将来的に実用化されるかもしれない、近未来乗り物の数々 - GIGAZINE

泳げない人には恐怖を感じさせる透明カヌー - GIGAZINE

透明でクリスタルな近未来の携帯電話 - GIGAZINE

透明の羽根を持つ蝶「Greta oto」 - GIGAZINE

0

in メモ, Posted by darkhorse