色が白いもう一つの「ラムネ蒸しパン」試食レビュー


以前にも、青い色をした「もちもち食感 ラムネ風味蒸しパン」と茶色の「コーラ風味蒸しパン」を食べたのですが、白色の「ラムネ蒸しパン」も見つけてしまったので、買って食べてみました。見た目が青くないので健全な雰囲気ですが、味の方はどうなのでしょうか。

詳細は以下から。透明な水色のパッケージで涼やかな感じ。


製造は青色の「ラムネ風味蒸しパン」と同じ敷島製パンでした。


パンのサイズは青色の「ラムネ風味蒸しパン」に比べると小ぶり。袋を開けただけで香りがします。


中にソースなどが入っているわけではありません。


以前の蒸しパンとは違い、もちもち感はゼロで通常の蒸しパンになっています。味の方は酸味がやや強めで、よりラムネっぽく感じるのですが、「においはともかく味にラムネっぽさは一切感じず、チーズ蒸しパンのようだ」と感じている編集部員もいます。後味に重曹のような苦みがほんの少しありますが、最後までおいしく食べられるバランスになっていました。

・関連記事
変わり種の蒸しパン「ラムネ風味蒸しパン」と「コーラ風味蒸しパン」試食レビュー - GIGAZINE

わさび・杏仁豆腐・カレーの3種類のラムネを飲んでみた - GIGAZINE

ケーキと炭酸飲料をコラボしたスイーツ味「CAKE SODA ケーキソーダ」を飲む - GIGAZINE

意外な取り合わせの総菜パン「ちくわパン」試食レビュー - GIGAZINE

0

in 試食, Posted by darkhorse_log