アメリカのゲーマーは26%が50歳以上、女性ユーザーは40%


アメリカのゲーム業界団体ESA(Entertainment Software Association)が現在のゲームユーザーの統計を発表しました。この統計によると10代以下から50代以上まで幅広い年齢層の人間がゲームで遊んでおり、ゲームが広く一般に普及していることがわかります。

詳細は以下から。(PDFファイル)ESSENTIAL FACTS ABOUT THE COMPUTER AND VIDEO GAME INDUSTRY

ゲーマーの年齢分布図。18歳以下が25%、18~49歳が半数近くの49%、50歳以上が26%。平均年齢は35歳となっています。


ゲーマーの性別の割合。40%の女性のうち18歳以上が33%。17歳以下の男性の割合は18%。


さらにゲームソフトをよく買う年齢は40歳と、意外と高齢であることが示されています。

2007年に最も売れたビデオゲームのジャンルはアクションで、2位はファミリーエンターテイメント。


ソフトではXbox 360の「HALO3」が一番売れたようです。

・関連記事
世界中で売れなかったゲーム機ワースト10 - GIGAZINE

意外と残酷、ゲームのシーンを描いた絵 - GIGAZINE

「Halo3」を高いクオリティで再現した実写ムービー「Halo 3: Landfall」 - GIGAZINE

FPSゲーマーが女性を救う - GIGAZINE

ゲーマー御用達のゲームボーイ型レンガ - GIGAZINE

NVIDIAが36時間ぶっ続けでゲームを続けるパーティーを開催、世界記録に挑戦へ - GIGAZINE

0

in ゲーム,  メモ, Posted by darkhorse_log