×
ソフトウェア

マイクロソフト、まもなくWindows XP SP3の自動更新を開始


5月にWindows Updateにて公開が開始されたマイクロソフトのWindows XP SP3ですが、ついに自動更新が開始されることになりました。

やむを得ない事情などで導入を回避したいユーザーに対する回避策なども明らかにされています。

詳細は以下の通り。
Nick MacKechnie : Windows XP Service Pack 3 Release to Automatic Updates

このマイクロソフトの公式ブログによると、マイクロソフトはWindows XP SP3を自動更新として配布する意向であるそうです。具体的な時期は明らかにされていませんが「まもなく」とのこと。

なお、やむを得ない事情から自動更新でSP3が適用されることを防ぎたい場合には、マイクロソフトのダウンロードセンターから「Windows Service Pack Blocker Kit」をダウンロードしてインストールするといった方法が公開されています。

ちなみにWindows XP SP3をインストールした場合、IE7がアンインストールできなくなることにも要注意です。

・関連記事
Vista SP1のインストールに失敗、起動できなくなりました - GIGAZINE

マイクロソフト、最新OS「Windows 7」の発売予定時期を正式に表明 - GIGAZINE

マイクロソフト、Linuxに対抗してWindows XPを大幅値下げ - GIGAZINE

in ソフトウェア,   ネットサービス, Posted by darkhorse_log