記録容量は400GB、パイオニアがBlu-rayと互換性を持つ光ディスクを開発


パイオニアが世界で初めてBlu-rayと互換性を持つ大容量光ディスクの開発に成功しました。

なんと1枚あたり400GBのデータを保存できるとのことで、将来的には記録型ディスクも登場する模様。

詳細は以下の通り。
パイオニア、400ギガバイトの大容量をもつ再生専用光ディスクを開発

このリリースによると、パイオニアは世界で初めて400GBの記録容量をもつ、大容量の再生専用光ディスクの開発に成功したそうです。

これはBlu-rayでも採用されている、ディスクの1記録層に25GBのデータを記録するという従来の記録方式を最大16層にまで記録できるようにしたもので、新たな光学素子や微弱な信号を読み取れる受光素子を読み取り部分に採用したことにより、これまでハードルとなっていた他の記録層からの不要な信号の影響や、各記録層からの再生信号が微弱であったという問題を解決したとのこと。

これが16層の光ディスクです


なお、今回開発された技術はBlu-rayとの互換性を維持することも可能なほか、再生専用だけでなく、記録型ディスクにも応用可能とされています。

近い将来、この技術を採用したBlu-rayレコーダーが登場するのでしょうか。非常に楽しみですねこれは…。

・関連記事
これでBlu-rayは不要?従来のDVDに9倍のデータを記録する技術が登場 - GIGAZINE

バイオテクノロジーを使った切手サイズで1TBの超大容量メモリを松下電器が開発へ - GIGAZINE

日立、HDDの記録密度を2.5~5倍まで引き上げる技術を開発 - GIGAZINE

さらに大幅に安価な128GBのノートパソコン向けSSDが登場 - GIGAZINE

PSPなどの記録容量を安価に最大16GBまで拡張できるアダプタ登場 - GIGAZINE

0

in Posted by darkhorse_log