ネットサービス

日本のブログ総数は約1690万、記事総数は約13億5000万件、データ総量は42テラバイト


総務省 情報通信政策研究所(IICP)が発表したところによると、2008年1月時点で日本国内のブログ総数は約1690万、記事総数は約13億5000万件、データ総量は42テラバイトに達しているとのこと。このうち、テキスト(文字)のみで計算すると約12テラバイトとなり、書籍1冊当たりのデータ量を457キロバイトとして換算すると、なんと書籍約2700万冊分に相当するそうです。とんでもない巨大図書館ですね……日本のブログは……。

また、1ヶ月に1回以上記事が更新されているアクティブなブログは全体の2割弱で約300万。さらに、毎月新たに開設されるブログ数は毎月40万~50万程度で推移しており、活発な情報発信が続いていることが明らかになったようです。

一体今、日本のブログに何が起きているのか、さらなる詳細なデータは以下から。
(PDFファイル)「ブログの実態に関する調査研究の結果」

この調査結果によると、2001年1月以降に開設されたブログの総数(既に削除済みのものを含む)は 累計で約2240万、記事総数は約17億9000万、データ総量は54テラバイトになっているとのこと。

毎月の新規開設ブログ数の推移。毎月40万から50万程度で推移。


国内のブログ総数の推移。アクティブブログ数は同様に2004年から2005年にかけて急増したものの、その後は300万でほぼ横ばいで推移しており、新規にブログが開設される一方で更新されなくなった既設ブログも多いことがわかります。


毎月の記事数の推移。毎月4000万から5000万件程度で推移しています。


国内ブログの公開記事総数の推移。


国内ブログのデータ総量の推移。


毎月の新規記事データ量の推移。毎月1.6テラバイト前後のデータが追加されていることに。


また、検索エンジンからのアクセスを増やすために様々なキーワードを大量に埋め込んだ広告誘導のブログや、他のブログから掲載内容をコピーして作成されたブログなどのいわゆる「スパムブログ」の増加が指摘されています。

それによると、2008年1月現在のアクティブブログについて調査したところ、ブログ数では全体の12%がスパムブログに該当しており、スパムブログの内容は販売誘導が38.3%、アフィリエイト収入が17.1%、アダルト・出会い系サイトへの誘導が7.0%となっているそうです。


また、ちょっと面白い調査結果として「ブログ開設の動機」というのにも触れられており、いかのような順になっています。

1位:自己表現(30.9%)
2位:コミュニティの形成(25.7%)
3位:アーカイブ型利用(25.0%)
4位:収益目的(10.1%)
5位:社会貢献(8.4%)


ブログ開設動機別の年代別傾向を見るとこうなります。


ブログ開設動機別のテーマ別傾向はこんな感じです。

・関連記事
日本のブログのなんと約40%がスパムブログであることが判明 - GIGAZINE

あなたのブログの金銭的価値を計算する「How Much Is My Blog Worth?」 - GIGAZINE

世界中のブログで使われている言語は日本語が一番多い - GIGAZINE

ブログやSNSの書き込みには信憑性があると思っている人が8割 - GIGAZINE

ブログとSNSの閲覧方法、「携帯電話からのみ」が3割以上 - GIGAZINE

女性の半数がブログを参考にして商品を購入、男女全体では約4割 - GIGAZINE

ブログの年間訪問者数は2687万人、SNSの年間訪問者数は1104万人 - GIGAZINE

in ネットサービス,   メモ, Posted by darkhorse