「シックス・センス」「サイン」のシャマラン監督最新作「ハプニング」のR-18指定予告編が登場


何か見えない力が働き、人類は何らかの攻撃を受け始める。第一段階は言語の錯乱、第二段階は方向感覚の喪失、そして第三段階は「死」。攻撃はどんどんと拡大し、外は死体だらけになっていく。警告もなく、説明もなく、次々と人々が死んでいき……というのが、「シックス・センス」「サイン」で有名なM・ナイト・シャマラン監督の最新作「ハプニング」。そのR-18版予告編が登場しました。過激な映像のため20世紀フォックスからわざわざ「18禁」指定されており、海外の映画の予告編に最初に出てくる緑色の背景が血のような「真っ赤」な色になっており、再生するためには年齢認証が必要になっているという、なかなかアレな内容に仕上がっています。

ムービーの再生は以下から。
映画「ハプニング」動画ページ
http://movies.foxjapan.com/happening/redband/

ちなみに、本編は以下のような感じになっています。何かが起きている感じが伝わってくるが……。

(C)2008 TWENTIETH CENTURY FOX

高画質版の予告編は以下から再生できます。何が起きているのか皆目見当不能です。

Apple - Trailers - The Happening

・関連記事
ペルーの村で、近くにいん石が落ちてから謎の病気が流行中 - GIGAZINE

2001年7月25日、インドで振った赤い雨の正体は「地球外生命体」 - GIGAZINE

日本ではほとんど知られていない世界の奇病 - GIGAZINE

マンドラゴラのような人型の根を持つ植物が発見される - GIGAZINE

晴れた日に宗教書を売り歩いていた男が突然雷に打たれる - GIGAZINE

何百個もの風船を体にくくりつけたカトリックの司祭、飛び去ってしまい行方不明に - GIGAZINE

DNA同士がテレパシーのような目に見えない力を使っているかもしれないという研究結果 - GIGAZINE

0

in 動画, Posted by darkhorse