「ドルアーガの塔 ~the Aegis of URUK~」第1話はシンクロ再生で2倍楽しめる


本日からドルアーガの塔 ~the Aegis of URUK~のDVD第1巻「第1の宮」が発売となります。収録されているのは第1話「ドルアーガの巨塔」と第2話「塔内都市メスキア」。封入特典はゲーム内でもジルやクーパになれるアニマスクとプレミアムチケット3種類、ライナーノーツ、映像特典はキャストインタビュー、そして音声特典はドルビーデジタル5.1ch、監督の千明孝一やシリーズ構成・脚本の賀東招二らによるオーディオコメンタリーとなっています。これに、初回生産限定版ではさらにスペシャルDVDの「the Disc of DRUAGA」がつき、裏1話の「ジルの冒険」のほか第1話と裏1話のシンクロバージョンが収録されるのですが、今回、このシンクロバージョンをDVD発売の直前に視聴することができました。

第1話を見たときはぶっ飛んだ内容に「いったい何が起きているんだ?」と混乱させられ、裏1話を見て「なるほど、実はこうなっていたのか」と納得させられた放送形態でしたが、シンクロ放送ではジルが妄想しているちょうどそのときニーバたちがどのような戦いをしていたのかが一目瞭然となっています。

すでに見た人も見逃した人も、いったいどのようなものなのか詳細を以下からご覧下さい。
ご存じの通り、原作は1980年代にアーケードとファミコンに現れた不朽の名作ゲーム「ドルアーガの塔」。


アニメーション制作はOVA「青の6号」,
映画「ブレイブ ストーリー」ほか、「LAST EXILE」などを手がけたGONZO


ジャケットは向かい合ったカーヤとジルが描かれています。


シンクロ再生は左側でジルの妄想を描いた第1話「ドルアーガの巨塔」、右側でニーバたちのパーティーが遭遇している現実を描いた裏1話「ジルの冒険」が再生されます。


一瞬しか写りませんが、オープニングでファティナが改札を飛び越えるシーンと電車に飛び込むシーンは本放送時にもあっと思わされた箇所。オープニングの前までは全く流れが同じだったので、ここで初めて何かおかしいということに気付かされたわけです。


妄想の中ではニーバたちを引き連れて勇者然としているジル。一方、現実ではパーティーのお荷物状態。


こんな格好いい攻撃など現実のジルができ得るわけがありません。


勝手にウトゥを殺してしまったジル。もちろん、まだ生きています。


カーヤのお風呂シーンではニーバがジルに負けていました。


このほか、第1話のオーディオコメンタリーでは監督の千明孝一とシリーズ構成・脚本の賀東招二の2人、第2話では2人に加えてジル役のKENNとカーヤ役の折笠富美子を交えた4人の解説を聞くことができます。


DVDのセット内容はこんな感じ。


ドルアーガの塔 ~the Aegis of URUK~ DVD 第1の宮は4725円(税込)で6月27日(金)から発売中。GONZOのオフィシャルショップ「GONZOスタイル」のほか、ゲーム「ドルアーガの塔~the Recovery of BABYLIM~」内でも購入可能となっています。また、GyaOでは6月30日(月)まで限定で全12話を一挙放送中なので、気になる人はチェックしてみて下さい。

(C)NBGI/イズミプロジェクト

・関連記事
アニメ「ドルアーガの塔」の第2期「ドルアーガの塔 ~the Sword of URUK~」、2009年1月放送開始 - GIGAZINE

「ドルアーガの塔」のアニメやゲームにシリーズ生みの親・遠藤雅伸が登場 - GIGAZINE

「ドルアーガの塔 ~the Aegis of URUK~」を地上波・ネット配信で同日同時刻に最速放送 - GIGAZINE

2008年夏期放送開始の新作アニメ一覧・前 - GIGAZINE

2008年夏期放送開始の新作アニメ一覧・後 - GIGAZINE

日テレ系アニメ「RD 潜脳調査室」、地上波放送翌日からPC向け・携帯電話向けにネット配信 - GIGAZINE

「コードギアス 反逆のルルーシュR2」放送前の第3話がネット上に流出 - GIGAZINE

0

in レビュー,  アニメ, Posted by logc_nt