NTTドコモ、iPhoneに対抗して世界的人気のスマートフォン「BlackBerry」を発売へ


産経新聞社の報道によると、7月11日にソフトバンクモバイルから発売される「iPhone」に対抗して、NTTドコモが世界的な人気を誇るスマートフォン「BlackBerry(ブラックベリー)」を個人向けに販売することにしたそうです。

また、年内にハイエンドな最新モデルを販売する予定とのこと。

詳細は以下の通り。
ドコモが個人向けにスマートフォン発売 (1/2ページ) - MSN産経ニュース

この記事によると、NTTドコモはカナダのRIM社から販売されているスマートフォン「BlackBerry」を8月から個人向けに発売するそうです。

BlackBerryは世界で1400万台を販売し、アメリカではスマートフォン市場の4割のシェアを誇るなど、ビジネスマンを中心に高い人気を集めており、フルブラウザやファイル閲覧機能のほかに独自のセキュリティ技術で企業内ネットワークに容易にアクセスできるといったところが特徴。そして年内をめどに海外で発表されたカメラ付きの最新モデルを投入する方針だとしています。

これが8月から個人向けにも販売される「BlackBerry 8707h」。QVGA液晶、Bluetooth、USB2.0、QWERTYキーボード、トラックホイールなどを採用しており、WordやExcelなどのファイル閲覧も可能。英語やフランス語、ドイツ語をはじめとした多言語に対応しています。


なお、BlackBerry 8707hについては以下のリンクが詳しい。

BlackBerry 8707h - NTTドコモビジネスオンライン

・関連記事
iPhone 3G、2年契約で本体価格167円も - GIGAZINE

iPhoneの対抗端末となる高性能スマートフォンもソフトバンクモバイルから発売か - GIGAZINE

W-ZERO3シリーズの集大成、ウィルコムの新しいスマートフォン「WILLCOM 03」 - GIGAZINE

イー・モバイルの新スマートフォン「EMONSTER lite(S12HT)」新発売、スペック詳細いろいろ - GIGAZINE

0

in モバイル,   メモ, Posted by darkhorse_log