メモ

あの「プリントゴッコ」が販売終了、31年の歴史に幕を下ろす


1977年に発売され、年賀状や暑中見舞いなどを手軽に作れる印刷機として人気を集めた簡易印刷機「プリントゴッコ」が31年の歴史に幕を下ろすそうです。

「国民行事だよー」というテレビCMと共に宣伝されていたプリントゴッコですが、これも時代の変化なのでしょうか。

詳細は以下から。
プリントゴッコ本体販売終了のお知らせ

このリリースによると、理想科学工業はプリントゴッコ本体のメーカー販売を2008年6月30日をもって終了するそうです。

昭和52年(1977年)に発売され、以来31年にわたって年賀状印刷や布印刷などに広く愛用されてきたプリントゴッコですが、90年代後半からのパソコンやインクジェットプリンタの急速な普及などを受けて需要が減少したことから、プリントゴッコ本体の販売を終了することにしたとのこと。

なお、ランプやインク、マスターなどの関連消耗品については当面の間販売を継続するとしています。

やはりパソコンでプリントできるインクジェット紙の年賀ハガキが普及していることや、年賀状や暑中見舞いを送らない人が増えていることなども影響しているのでしょうか…。

・関連記事
ファミコンの修理受付が10月31日で終了 - GIGAZINE

本日をもって「セガサターン」と「ドリームキャスト」の有償修理が終了 - GIGAZINE

Tu-Ka、ついに本日をもって携帯電話サービスを終了 - GIGAZINE

日立マクセル、DVD-Rなどの記録メディア生産を終了 - GIGAZINE

三菱電機が携帯電話事業から撤退、ドコモから「D」シリーズ消滅へ - GIGAZINE

in メモ, Posted by darkhorse_log