ソニー、1本の有機ガラス管で音を360度に広げる100万円のスピーカー「Sountina」を発売


ソニーが長さ約1メートルの有機ガラス管を振動させて、1台で奥行きと立体感のあるクリアな音を360度へ広げる高音質なスピーカーシステム「Sountina(サウンティーナ)」を発売するそうです。価格は100万円。

これまでのスピーカーでは再現できない音の広がり方を実現しているほか、スピーカーとは思えないようなデザインのため、インテリアとの親和性が非常に高くなっています。

詳細は以下から。
音を360度へ広げるスピーカーシステム “Sountina”(サウンティーナ)発売 | プレスリリース | ソニー

このリリースによると、今回ソニーが開発したスピーカーシステム「Sountina(サウンティーナ)」は有機ガラス管が振動して音を出す仕組みとなっているそうです。

そして複数の加振器が独立して駆動する新開発の「バーティカルドライブテクノロジー」と呼ばれるシステムによってガラス管の隅々まで細かく振動させることで、素早い音の立ち上がり感と透明感のあるクリアな音を実現しているとのこと。

これが「Sountina(サウンティーナ)」。


ブルー、アンバー、パープルのイルミネーションが目を楽しませてくれます。明るさ調節も可能。


先端部はこんな感じ。


従来のスピーカーの音の広がり方。


「Sountina」の音の広がり方。ガラス管を中心に360度へ広がる独自の「サークルサウンドステージ」という音楽空間を実現しているため、広い部屋やホール、ロビーなどに設置することで、多くの人にクリアで心地良い音が届く仕組み。


リモコンもスタイリッシュ。アルミパネルを採用しています。


部屋に置いたところ。とてもスピーカーとは思えません。


インテリア性は非常に高そうです。


なお「Sountina」こと、スピーカーシステム「NSA-PF1」の希望小売価格は税込105万円で、6月20日発売。かなり高価なスピーカーですが、銀座のソニーショールームと大阪のソニースタイルストアにて5月29日(木)より先行展示されるとのことなので、一度音色を聞いてみるのも良いかもしれません。

製品公式サイトは以下から。

スピーカーシステム“Sountina” NSA-PF1 | AV/Hi-Fiオーディオ | ソニー

・つづき
音を全方向に響かせるソニー製の有機ガラス管スピーカー「Sountina」速攻レビュー - GIGAZINE

・関連記事
騒音を99%カットするソニーのノイズキャンセリングヘッドホン「MDR-NC500D」体験レポート - GIGAZINE

ソニーが全力で作り込んだデジタルフォトフレーム「S-Frame(エスフレーム)」速攻実機レビュー - GIGAZINE

ソニーが「プレイステーションケータイ」を発売するかも - GIGAZINE

ソニー、液晶画面への映り込みを30分の1に低減する技術を開発 - GIGAZINE

ソニー、PS3向けに「次世代オンラインゲーム」を開発へ - GIGAZINE

ソニー、PS3で動画配信サービスを開始へ - GIGAZINE

ソニー、最小・最軽量のワンセグ対応カード型ウォークマンを発売 - GIGAZINE

ソニーの「PS4」やマイクロソフトの次の「Xbox」が見えてきました - GIGAZINE

in ハードウェア, Posted by darkhorse_log