ハードウェア

ついに非常に安価な120GBのノート向けSSDが登場、読み書き速度も実用レベルに


先日GIGAZINEで32GBで1万6000円という破格のSSDが登場したことをお伝えしましたが、読み書きの速度が遅いことがネックとなっていました。

しかし今回、読み書き速度ともに実用に耐えうる速度で120GBの大容量を兼ね備えた上に、64GBのSSDと比較しても圧倒的に安価という、まさに夢のようなSSDが登場しました。

詳細は以下の通り。
価格.com - SUPER TALENT FTM20GK25H 価格比較

このページによると、2008年5月23日23:00現在、Super Talent Technology社のSSD「MasterDrive MX SATA-II 25」の120GBモデルが7万9773円で販売されています。これは現在発売されている64GBのSSDで最も安いものが12万円を超えていることを考えても非常に安価です。

また、非常に大容量であることに加えて、読み込み速度が毎秒120MB、書き込み速度は毎秒40MBであるため、先日GIGAZINEで取り上げた業界最高速度のSSDの読み込み速度、毎秒130MBと書き込み速度の毎秒67MBには遅れを取るものの、十分使い物になる読み書き速度のようです。

この調子でSSDの価格が下落していくと、モバイルノートパソコンのHDDがSSDに取って代わられる日も遠くはないのかもしれません。

・関連記事
EeePCよりも高性能で低価格なミニノートパソコンがついに日本上陸 - GIGAZINE

今月からハイビジョン液晶テレビが大幅に値下がりするかもしれません - GIGAZINE

Intelの超低消費電力CPU「Atom」を搭載、ちょっぴりオサレになった「EeePC901」の写真 - GIGAZINE

ついにPS3よりも大幅に安価なBlu-rayプレーヤーが販売開始 - GIGAZINE

microSDHCカードの価格が下落、携帯電話などで手軽に大容量コンテンツを利用可能に - GIGAZINE

IntelがCore 2 Quadの価格をほぼ半額に改定 - GIGAZINE

in ハードウェア,   メモ, Posted by darkhorse_log