本革張りのキーボード「HONKAWA(本革)」


パームレストが革張りというのならイメージしやすいのですが、これはキーボードの全面が革張りになっているというものです。使用しているのはサドルレザーという、かつては馬の鞍に使われていたような高級革だそうです。

詳細は以下の通り。
■和櫻工房■総本革張りキーボード「HONKAWA(本革)」

制作したのは和櫻工房というメーカー。


一つ一つのキートップにいたるまですべて革が張られています。


表面は独自コーティングを行っているので汚れにくく、オイルを塗るなどの特別な手入れも不要となっているそうです。


価格は2万6800円。革製品が好きでたまらない人はこのキーボードを使うといいかも。

和櫻工房では他にも変わったキーボードを作っています。これは純金の箔を用いた純金キーボード「ZIPANG」


キー刻印はうっすらと浮き出ている感じ。純金にこだわったため、インクを使った印刷などはしていないそうです。価格は1万6800円。

・関連記事
竹製キーボード、竹製マウス - GIGAZINE

役立たずのCapsLockキーを撲滅するキャンペーン - GIGAZINE

キーボードで植物栽培 - GIGAZINE

キーボードライトを自力で設置 - GIGAZINE

キーボードを打ちながら食事する人のためのトレイ - GIGAZINE

全キートップが有機ELディスプレイのキーボード「Optimus Maximus」の実物写真 - GIGAZINE

わずか11mmの薄さのキーボード「diNovo Edge」 - GIGAZINE

QWERTY配列キーボードの記念碑 - GIGAZINE

Xbox360のコントローラーに直接接続可能なフルキーボードが登場か - GIGAZINE

ゼリー人間がキーボード上をゴールまではねていくゲーム「Jelly Jumper」 - GIGAZINE

0

in ハードウェア, Posted by logc_nt