ハードウェア

低価格ミニノート「EeePC」の第2弾「EeePC 900」が登場


先日GIGAZINEで人気の低価格ミニノート「EeePC」の第2弾が今月中に発表されることをお伝えしましたが、本日正式に最新モデル「EeePC 900」が発表されました。

液晶の解像度がアップするなど、期待を裏切らないモデルになっています。

詳細は以下から。
Discover a New Perspective with 8.9 Inch Eee PC 900

このリリースによると、今回発表されたEeePCの最新モデル「EeePC 900」は、CPUにIntelモバイルCPU、1GBのメモリを搭載しており、記録容量はWindows XP Home Editionモデルが12GBで、Linuxモデルが20GBとなっています。

また、カメラの画素数が130万画素になるほか、液晶画面の解像度は800×480から1024×600へと向上。さらに「Utilizes FingerGlide」と呼ばれる直感的な操作を可能にするトラックパッドが搭載され、カラーはパールホワイトとブラックの2色が登場予定。

ほかにも従来モデルと同じで3つのUSBポートやSD(SDHC)カードスロットが搭載されるほか、無線LANやマイクなどが搭載されているとされており、気になる重さは990g。

前回の記事で触れた通り、IntelのAtomプロセッサは搭載されませんでしたが、今回搭載されているCPUの実力はどれほどのものなのでしょうか。画面解像度が向上したことで、どれだけ使い勝手が良くなったのかも気になります。

・次の記事
大幅にパワーアップした低価格ミニノート「EeePC 901」の日本語版、速攻フォトレビュー - GIGAZINE

ついに5万円を切った「EeePC900」が登場、軽量で高性能な廉価モデルに - GIGAZINE

・関連記事
ついにウィルコムが世界初の最新CPU「ATOM」搭載モデル「WILLCOM D4」を本日発表 - GIGAZINE

低価格ミニノート「EeePC」でニコニコ動画やYouTube、ビデオチャットを試してみた - GIGAZINE

ASUS、低価格ノート「EeePC」に続き低価格デスクトップ「EeeDT」などを発売へ - GIGAZINE

低価格ミニノート「EeePC」の実力をベンチマークでチェック - GIGAZINE

16GBのSDHCカードが早くも値崩れ、かなりお買い得に - GIGAZINE

in ハードウェア,   メモ, Posted by darkhorse_log