ムービー

ストーンヘンジが何のために作られたかほぼ判明か


3月31日から行われているストーンヘンジの大規模な発掘調査によって、ついにストーンヘンジが何のために作られたのかがわかりかけているそうです。Wikipediaによれば、これまでは「太陽崇拝の祭祀場、古代の天文台、ケルト民族のドルイド教徒の礼拝堂」などのために作られたのではないか?とのことでしたが、それとはまた違う解釈が可能なようです。

詳細は以下から。
BBC NEWS | Science/Nature | 'Breakthrough' at Stonehenge dig

今回の発掘調査の資金を出しているBBCの報道によると、ストーンヘンジは「治療のため」に作られた可能性が高いとのこと。ポイントはストーンヘンジを構成する岩や石の中に「ブルーストーン」と呼ばれているものがあるということ。このブルーストーンを古代の人はわざわざ250キロメートルもの距離を移動させてきており、理由としては「治癒力」があると信じられていたため。

詳細についてはBBCにて秋に放送される予定で、以下にある番組のサイトからストーンヘンジを360度くるくる見渡すことができるパノラマムービーがあります。

BBC - History - Stonehenge Dig 2008 360° Panorama

・関連記事
ブラジルでストーンヘンジを発見 - GIGAZINE

古代遺跡を宇宙から見た高解像度写真 - GIGAZINE

首都圏の地下神殿の写真いろいろ - GIGAZINE

QWERTY配列キーボードの記念碑 - GIGAZINE

牧歌的だったり幻想的だったりするイギリスの風景を集めた「Xplored」 - GIGAZINE

in 動画,   メモ, Posted by darkhorse