虫歯治療のために歯を再生する技術が登場へ


現在虫歯の治療方法として、金やセラミックなどの詰め物が使用されていますが、最新の研究によると、歯を再生することが可能になるかもしれないそうです。

詳細は以下から。
Tooth Regeneration May Replace Drill-and-Fill

この記事によると、サンフランシスコのカリフォルニア大学教授であるSally Marshallは、材料化学を専攻しており、歯を再生するための研究をしている中で最適な方法を見つけ出したそうです。

これは歯を構成しているエナメル質と象牙質を補充して歯を再生することができるようになるというもので、現在用いられている金やセラミックなどの詰め物は不要になるだろうとのこと。

すでにSally Marshallはカルシウムイオンを含んだ溶液を用いた実験において、歯の一部を治療することに成功したそうですが、歯の全体を治療できるようにすることが課題となっており、実際に歯科医院などでこの技術が用いられるのは2、3年以上先になるとしています。

なお、歯のエナメル質や象牙質はとても複雑な構造をしており、非常に強固である反面、ミネラルから作られているため、バクテリアが生成する酸やコーラの炭酸などによって浸食されやすくなっているそうです。つまり酸性のものには気を付けた方がいいということなのでしょうか。

・関連記事
リンゴでガンや心臓病、虫歯などが予防できるかもしれません - GIGAZINE

ゲータレードはコカコーラよりも早く歯を溶かす? - GIGAZINE

「めぐりズム 蒸気でホットアイマスク」は思わず爆睡するほど気持ちいい - GIGAZINE

風邪には市販薬よりも「はちみつ」の方が効果的? - GIGAZINE

「書く」ことがガンに対して効果的だという研究が発表される - GIGAZINE

in メモ, Posted by darkhorse_log