アラスカの漁師は1時間で約5000万円も稼ぐ


数分で大金を稼ぐことができる仕事はいろいろとありますが、中でもアラスカのニシン漁は有名で、なんと1時間で50万ドル(約5000万円)も稼いでしまうそうです。

詳細は以下から。
adn.com | Commerical Fishing : Sitka fishermen strike herring mother lode

現在、ニシンは1トンあたり550ドル(約5万5000円)で、1日のニシン漁で上記記事の実例では1万4723トンも収穫しており、ほぼ1日で550万ドル近くも儲けているとのこと。これらのニシンは処理のためにカナダへ送られたり、あるいは日本へ出荷されているそうです。

なお、このニシン漁に参加するのは安い投資ではすまず、ニシン漁の商業許可をもらうのに28万3000ドル(約2830万円)、ニシンを捕らえる網に5万ドル(約500万円)が必要とのこと。これ以外にも漁船や船員の人件費などを考えると、売上は高いものの、実際にはそこまで大金持ちというわけではないようです。

・関連記事
18歳の女子大生が授業料のために「処女売ります」 - GIGAZINE

250万円以上の価値があるファミコンソフト「Nintendo World Championships 1990」 - GIGAZINE

自分が世界で何番目に金持ちかがわかる「Global Rich List」 - GIGAZINE

あなたのブログの金銭的価値を計算する「How Much Is My Blog Worth?」 - GIGAZINE

あなたの持っているドメインの価値を試算する「LeapFish.com」 - GIGAZINE

0

in メモ, Posted by darkhorse