ニンテンドーDS向けの「マジコン」が無くなるかもしれません


家庭用ゲーム機でダウンロードしたコピーソフトを遊ぶことや、音楽や動画などの再生を楽しむことができる「マジコン」と呼ばれる機器のニンテンドーDS向けのものが、販売されなくなるかもしれないそうです。

すでに一部の店舗では販売を取りやめている模様。どこからかの圧力でもあったのでしょうか…。

詳細は以下から。
Wikipediaによると、ニンテンドーDS向けの「マジコン」はminiSDやmicroSDなどの記録メディアに対応しており、ゲームソフトを記録メディアにコピーすることや、コピーしたゲームソフトをプレイできるようになっているほか、自作プログラムを起動したり、動画や音楽といったファイルをニンテンドーDSで楽しめるようになる機器だそうです。ちなみにマジコン自体は海外で製造されています

なお、基本的に自分が所有するゲームをバックアップする目的でのコピーは認められているため、マジコンの所持自体に違法性は無いとされていますが、2月にソニーの携帯ゲーム機「PSP」にファミコンやスーパーファミコン、PCエンジン、メガドライブ、ゲームボーイ等々のエミュレータが動作可能になるカスタムファームウェア(通称CFW)を付けて販売していた男が商標法違反で逮捕されています

そしてこれを受けてか、マジコンを海外から輸入して販売していたオンラインショップがマジコンの取り扱いを停止しており、以下の更新情報のページでは販売中止の背景に「大人の事情」があったことをほのめかしています。

(cache) GAMEBANK ★怪しいNews♪♪(更新ログ&店舗情報) マジコン販売,DSTT,R4,DSone,EZ5,PAR

・関連記事
終わらない攻防、ついにニンテンドーDSi向けのマジコンが登場 - GIGAZINE

ついに複数のゲーム会社が違法ダウンロードユーザー2万5000人に対して法的措置へ - GIGAZINE

「買えよ!俺らの仕事や時間を無駄にする奴は消えてしまえ!!」、マジコンについてコナミが「パワプロクンポケット11」公式サイトのしつもんコ~ナ~で大激怒 - GIGAZINE

任天堂、ついに「マジコン」を輸入または販売している複数の業者を一斉提訴 - GIGAZINE

ソニー、PSPソフトの違法コピーについて対抗策を導入へ - GIGAZINE

任天堂、家庭用の新型ゲーム機を2008年末に発売か - GIGAZINE

PSPにカスタムファームウェアを付けて販売していた男性を商標法違反で逮捕 - GIGAZINE

0

in ゲーム,  メモ, Posted by darkhorse_log