レビュー

小学館の「小学一年生」の付録「どこでも ゆびピアノ ドレミくん」で遊んでみました


小学館が発行している学習雑誌「小学一年生」の4月号の付録に、どんな場所でも弾ける「どこでも ゆびピアノ ドレミくん」というものがあったので、さっそく遊んでみました。

子供向けとは思えないほどの完成度の高さに驚かされます。

詳細は以下から。
これが「小学一年生」の4月号。書店ではヒモで縛られていました。


ヒモを切ったところ。


付録。左下にあるのが「どこでも ゆびピアノ ドレミくん」です。


ドラえもんの絵柄付き。


取扱説明書が入っていました。右手で遊ぶものだそうです。


これが本体。


スイッチがあります。


手に付けてみたところ。やはり小学一年生向けなこともあって、大人の手には小さすぎます。


音が出るかどうかを試してみました。


曲を弾いてみたところ。


実際に弾いてみた感想ですが、かなり工夫が凝らされているという印象。小学1年生向けとしては、かなりよくできたおもちゃだと思います。さすがに大人が遊ぶには物足りませんが、身の回りに4月から小学校に入学する子供がいるのであれば、プレゼントしてみるのもいいかもしれません。

・関連記事
バンダイが新発売するゴキブリのおもちゃを大量に動かしてみた - GIGAZINE

釘宮萌えボイスが堪能できる「∞(むげん)プチプチ ぷち萌え」全機種レビュー - GIGAZINE

「SPACEWARP desktop」で机の上にジェットコースター作成レビュー - GIGAZINE

in レビュー,   ハードウェア,   動画, Posted by darkhorse_log