釘宮萌えボイスが堪能できる「∞(むげん)プチプチ ぷち萌え」全機種レビュー


妹編・メイド編・ツンデレ編・幼なじみ編の4種類全てに人気声優の釘宮理恵(くぎみや りえ)さん(通称くぎゅ)のボイスが入った「∞(むげん)プチプチ ぷち萌え」がとうとう今週末の3月8日から販売されます。運の良いことに実機をバンダイさんから借りることができたので、萌えボイスを出しまくってみました。

詳細は以下から。裏にはそれぞれの機種のボイスの一部が表記されています。声の出演の欄は全て「釘宮理恵」で統一。


説明書はパッケージの中に貼り付けられています。


これが本体。赤色がツンデレ編、水色が幼なじみ編、黒色がメイド編、白色が妹編。


声の出てくるスピーカーは裏側にあります。


ツンデレ編。


基本的にボタンを押すとプチプチの破裂音が鳴るのですが、何度も音を出しているとそれぞれのキャラに合った萌えボイスが流れます。

「触んないでよ!」


さらにボタンを押さずに放置しているとおねだりボイスが流れます。

「別に・・・、寂しくないわよ!」


幼なじみ編。


「おはよ!」


妹編。


おねだりボイス「もっとして~」


メイド編


「許してくださ・・・、ひゃん」


というわけで全機種萌えボイスが4種類におねだりボイスが1種類となっています。もしかしたら100万回押したら出てくるシークレットボイスなどがあるのかもしれませんが、発見することはできませんでした。

萌えボイスのローテーションは変わることはなく、ツンデレ編では「触んないでよ!」→「大ッ嫌い!」→「ヘンタイ!」→「あ、ありがとう・・・」とツン・ツン・ツン・デレのコンビネーションを聞けるという仕様。企画を考えた人のこだわりが感じられる逸品で、これを考えた人は色んな意味でスゴイと思います。

価格はそれぞれ税込819円。4種類揃えるとおねだりボイスを連続で聞くということも可能です。


それぞれのキャラクターが日記を公開しているサイトは以下。本当に全キャラ毎日更新されています。

∞プチプチぷち萌え-キャラクター特設サイト- ブログパーツ

ちなみに今回声優として採用されている釘宮理恵さんの声に魅入られた人は、釘宮病とも呼ばれ、幻聴が聞こえたり釘宮ボイスに罵られないと生きていけなくなったりする模様。シャナルイズ・フランソワーズ・ル・ブラン・ド・ラ・ヴァリエール三千院ナギの3人が主な感染源となっているようです。

YouTubeのムービーでは音が悪くて聞き取りづらいので、釘宮病患者の方は是非とも本体を購入することをお勧めします。

・関連記事
プチプチを無限につぶし続けられる「∞(むげん)プチプチ」発売 - GIGAZINE

筑波大学で「萌え」や「腐女子」、「涼宮ハルヒの憂鬱」などが特別講義 - GIGAZINE

Photoshopを使った萌え絵の髪の毛の塗り方チュートリアル - GIGAZINE

萌え萌えなMySQL互換オープンソースデータベース「MoSQL」 - GIGAZINE

マスコットがアニメっぽいロリキャラのFirefox「lolifox」 - GIGAZINE

「もえたん 真夜中のおやつ ~Midnight snack~」試食レビュー - GIGAZINE

0

in レビュー,  ハードウェア,  動画, Posted by darkhorse_log