Wikipedia、イスラム教徒18万人からのムハンマド画像削除依頼を猛烈拒絶中


Wikiで作られているフリーな百科事典「Wikipedia」に掲載されているイスラム教の開祖ムハンマドの画像を、18万人にものぼるイスラム教徒が猛烈に削除要求しているそうです。

しかしWikipedia側はあくまで「歴史の一事実である」として、断固として削除に応じていないとのこと。

詳細は以下から。
Wikipedia defies 180,000 demands to remove images of the Prophet | Technology | The Observer

この記事によると、イスラム教では偶像崇拝を禁じられているにもかかわらず、Wikipediaにムハンマドの画像が掲載されていることから、18万人にのぼるイスラム教徒によって削除依頼が送られているそうです。

しかしこの削除依頼に対して、Wikipediaの編集者は掲載されているムハンマドの画像が、宗教的な文脈で表現されたのではなく、さまざまなイスラム教の宗派の中でどう表現されたかに関する例であったとしており、イスラム教徒が憤慨していることを認めた上で、同じイスラム教でも偶像崇拝に対して比較的厳しくないシーア派などの存在を挙げて「偶像崇拝の禁止はイスラム教の共同体の中で普遍的な認識ではない」としています。

さらに「Wikipediaが中立観点からすべての話題を表すという目標がある百科事典なので、Wikipediaはどんな特定のグループの利益のためにも検閲されず、Wikipediaの既存の方針およびWikipediaのサーバがホスティングされているアメリカのフロリダ州の法に違反しない限り、画像は削除されない」とのこと。

なお、イスラム社会の反発を招いて起きた有名な事件として、日本でも翻訳者が殺害された「悪魔の詩」事件などがありますが、このような背景があるにもかかわらず、一向に削除に応じない姿勢を見せるWikipedia編集者はすごいですね…。

・関連記事
Wikipedia創設者が検閲を解除させるために中国へ直談判に - GIGAZINE

マイクロソフトがブロガーにWikipediaの記事の訂正を打診、報酬の提示も - GIGAZINE

Wikipediaの荒らしとの戦い「56人の管理者vs人形使い」 - GIGAZINE

Wikipediaの舞台裏「Wikipediaの管理者」とは? - GIGAZINE

フリーな百科事典「Wikipedia」誕生秘話 - GIGAZINE

0

in ネットサービス,  メモ, Posted by darkhorse_log