Xbox360で自作ゲームがプレイ可能に、ソフトのラインナップは1000本超へ


マイクロソフトがXbox360でユーザーが作成したゲームをプレイできるようにするそうです。これは家庭用ゲーム機としては初の試みで、自作したゲームはオンラインで共有できるとのこと。

なお、これによりXbox360のゲームソフトのラインナップは1000本を超えるとしています。

詳細は以下から。
Xbox 360による、家庭用ゲーム機として史上初の試み
世界中のユーザーへ向け、ゲームの制作および、
1000 万人のオンライン ユーザーとの自作ゲームの共有が可能に


このリリースによると、マイクロソフトはXbox LIVEを利用している1000万人を超えるユーザーに対して、ユーザーによって制作されたゲームをプレイできるようにするほか、制作されたゲームをオンラインで共有できるようにすると発表したそうです。これによりソフトのラインナップは2008年末までに1000本を超えるようになるとのこと。

なお、すでにアメリカで2月24日24時~3月9日24時までの期間限定で、マイクロソフトの統合ゲーム開発環境「XNA Game Studio 2.0」を使って制作された以下のゲームをXbox LIVE マーケットプレース経由で配信することが決定しています。

・JellyCar
アメリカのWalaber社によって作られたゲーム。ぐにゃぐにゃの自動車がぐにゃぐにゃの世界を走り回って出口を目指すというもの。

・Little Gamers
有名なウェブコミックの「Little Gamers」に基づく2Dサイドスクロール型アクションゲーム。ベルギー在住の24歳のソフトウェアデベロッパー、Loic Dansart氏が作成。

・The Dishwasher: Dead Samurai
アメリカのJames Silva氏が作った、手に汗を握る2Dアクションゲーム。独特のスタイリッシュなグラフィックスとスピード感溢れるアクションを特徴としています。

・TriLinea
ブラジルのEdison S.Prata Jr.氏、Renato Pelizzari da Silva氏、およびDavi da Silva Prata氏が作った対戦型の盤上パズルゲーム。

・RocketBall
アメリカのTyler Wanlass氏、Patrick Murty氏、およびTodd Barrons氏が作ったドッジボール感覚のアクションゲーム。マルチプレイが可能。

・ProximityHD
アメリカのBrian Cable氏が作ったゲーム。フィールドの支配権を巡る戦略ゲームの要素を持ちつつ、単純かつ明快なルールが理解しやすいシンプルな内容。

・Culture
独立系のゲーム開発企業であるHidden Path Entertainment社が作成。美しい花々でステージとなる星を綺麗に覆うという独特なゲーム。

そのうち日本でも同人ゲームなどが配信されたりするようになるのでしょうか。

・関連記事
Blu-rayドライブを採用したXbox360が登場するかも - GIGAZINE

今年中に新型のXbox360、その名も「Xbox360 Ultimate」が登場するかも - GIGAZINE

Xbox360がWiiよりも安くなるかもしれません - GIGAZINE

マイクロソフト、廉価なエントリーモデル「Xbox360アーケード」を発売 - GIGAZINE

ポータブル型のXbox360エリートがついに完成 - GIGAZINE

0

in ゲーム,  メモ, Posted by darkhorse_log