東芝、ついにHD DVD事業撤退の最終調整に、損失は数百億円


先ほどNHKニュース7にて報じられたところによると、東芝はHD DVD事業撤退の最終調整に入っており、損失は数百億円になるとのことです。

詳細は以下の通り。
東芝 HDDVD撤退で調整

それによると次世代DVDの標準として、ブルーレイディスクとHD DVDが激しい主導権争いを繰り広げていたものの、日本国内ではブルーレイが90%以上のシェアを占めているとのこと。また、ワーナー・ブラザースもブルーレイに今後は一本化すると発表しており、さらにアメリカの大手小売店ウォルマートも全米店舗でブルーレイ方式のみを今後は販売し、6月までにHD DVD規格はすべて撤去するとしています。

米ウォルマート 、次世代DVD商品を「ブルーレイ」に一本化 | Reuters

Wal-Mart、Blu-rayに一本化へ - ITmedia News

米Wal-Martも、次世代DVD規格をBlu-rayに決定

これらの動きを受けて、東芝は青森県にある工場の機器生産を全面的に停止、HD DVD事業からの完全撤退する方針を固めたとのことです。

店頭販売は当面継続するものの、新たな開発はやめる方針で、これによって損失は数百億円に達するとのこと。

つまり、次世代DVDの規格争いは事実上、ソニーのブルーレイ方式(Blu-ray Disc)に統一される見通しになったわけです。

ちなみに、東芝の藤井美英執行役上席常務はインタビュー中で、HD DVDがブルーレイに負けたら土下座するというような発言もしていました。

「負けたら土下座する」東芝・次世代DVD発売会見【詳報】 デジタル家電&エンタメ-ブルーレイ VS. HD-DVD:IT-PLUS

・関連記事
Blu-RayとHD-DVD、両陣営のシェアを円グラフ化 - GIGAZINE

CD/DVD/Blu-Ray/HD DVDに対応した無料のライティングソフト「BurnAware Free Edition」 - GIGAZINE

ソニー、Blu-rayの製造コストをDVD以下に大幅引き下げ - GIGAZINE

Blu-rayドライブを採用したXbox360が登場するかも - GIGAZINE

HD DVD陣営最大手のパラマウント、ついにBlu-rayに移籍か - GIGAZINE

LG電子、一台でBlu-rayとHD DVDの両規格に対応したドライブを発売 - GIGAZINE

Blu-rayとHD DVDの両規格を一枚の光ディスクに入れる技術 - GIGAZINE

0

in ハードウェア,  メモ, Posted by darkhorse