DNA同士がテレパシーのような目に見えない力を使っているかもしれないという研究結果


DNAには離れた距離にある自分自身に似たDNAを集める奇怪な能力があり、この原理について現時点では有効な説明をまだすることができず、一体どういう能力でお互いを認識しているのかが不明、とのことです。言うなれば、テレパシーでお互いの位置などを探知しているかのように見えるらしい。

詳細は以下から。
DNA Found to Have "Impossible" Telepathic Properties | The Daily Galaxy: News from Planet Earth & Beyond

ACSジャーナルに発表された論文によると、明らかに似通った配列を持っているもの同士が互いを認識していることはわかるが、その間に何かの物理的接触やタンパク質のやりとりなどといったものはなく、DNAの二重螺旋が遠方から自分自身にマッチする分子を、何か化学的なシグナルやそういったものの助けなしに集めてきているとのこと。多数の科学者たちがいろいろと研究しているものの、どう見ても何か「精神感応力」「テレパシー」とでも言うような謎の力によって引っ張ってきているとしか思えないらしい。

この論文を書いたGeoff S. Baldwin、Sergey Leikin、John M. Seddon、Alexei A. Kornyshevによると、DNA同士の表面をいわば分け隔ててる水の中で1ナノメートル以上離れていても届くほどの何らかの「フォース(要するに力)」とでも言うべきものがあるようで、実に不思議にな現象だ、とのことです。

・関連記事
エヴァのスーパーコンピューター「MAGIシステム」は実在する - GIGAZINE

CDを1分間に3万5000回転させると粉々に - GIGAZINE

次世代CPUの冷却素材は「ナノ流体」 - GIGAZINE

常識を覆す「超流動」ヘリウム実験の貴重なムービー - GIGAZINE

ジュースは身体に極めて悪影響を及ぼすかもしれません - GIGAZINE

遺伝子操作したウイルスを用いて、薄型で大容量の電池を開発 - GIGAZINE

IBM、人毛の5万分の1サイズのチップ製作に初成功 - GIGAZINE

アメリカでガンを治療する新しい方法が特許に - GIGAZINE

in サイエンス, Posted by darkhorse