転送速度は従来の5倍、Intelなどが超高速フラッシュメモリを開発


IntelとMicronは共同で、従来の5倍の転送速度で読み書きができるNAND型フラッシュメモリの技術を開発したそうです。

将来的には従来の10倍の速度にあたる次世代高速データ転送規格「USB3.0」向けデバイスなどに採用されるとのこと。

詳細は以下の通り。
Intel and Micron Develop the World's Fastest NAND Flash Memory with 5X Faster Performance

このリリースによると、今回開発された新しいNANDフラッシュメモリは新しいアーキテクチャを採用することによって、従来モデルの読み込み速度が毎秒40MBなのに対して毎秒200MB、書き込み速度は毎秒20MB未満に対して毎秒100MBを達成しているそうです。

なお、将来的にこのフラッシュメモリは、次世代高速データ転送規格「USB3.0」向けデバイスやビデオカメラなどの機器への採用が予定されており、ほかにもハイブリッドHDDなどに利用した場合、ランダムアクセス時に従来の2~4倍のパフォーマンスを発揮するとのこと。

このフラッシュメモリを使ったSSDを搭載したノートパソコンを一刻も早く発売して欲しいと切に思います。

・関連記事
大容量のデータを効率よく転送する方法 - GIGAZINE

ソニー、かざすだけで大容量データを高速転送できる技術「TransferJet」を開発 - GIGAZINE

今年中に一般向けに大容量250GBのSSD(Solid State Drive)が登場か - GIGAZINE

USBメモリの書き換え限界寿命が来ると何が起きるのか、実際に寿命が来たケースをレポート - GIGAZINE

0

in メモ, Posted by darkhorse_log