メモ

GoogleがマイクロソフトのYahoo!買収提案に対して反対の立場を表明


マイクロソフトがYahoo!に対して約4.7兆円で買収提案を行い、大騒ぎになっていますが、Googleが意見を発表しました。どうやらこの買収提案には「反対」のようです。確かにマイクロソフトは今回の件ではプレスリリース中でも明らかにGoogleに対する敵意をむき出しにしているので、今回のGoogleの反応も当然と言えば当然かも。

詳細は以下から。
Yahoo! and the future of the Internet

日本語訳は以下に。

MSの米Yahoo!買収提案でGoogleが公式見解 - ITmedia News

この声明によると、インターネットにおけるオープン性がマイクロソフトのYahoo!買収によってなくなってしまうのではないかと危惧しているようです。が、よくよく考えるとGoogleは考えられているほどオープンなわけではないので、人のことを言えないような気もするのですが……。

また、マイクロソフトが過去に行ってきた独占禁止法違反のような手法を電子メールやインスタントメッセンジャー、各種ネットサービスでも行うのではないか?としています。このことからも、想像以上にGoogleは今回のマイクロソフトの動きを警戒しているようですので、もしもマイクロソフトとYahoo!が合併すると想像以上のインパクトを世界に与えることはほぼ確実なようです。

なお、渦中のYahoo!に関しては以下のようなニュースも流れています。

米ヤフー、グーグルとの提携を検討=関係筋 | Reuters

一体どうなるのでしょうかね……。

・関連記事
Yahoo!とマイクロソフトなどがYouTubeに対抗する動画サイト設立を発表 - GIGAZINE

マイクロソフトがYahoo!を500億ドルで買収しようとしたが交渉中断 - GIGAZINE

マイクロソフトが446億ドルでYahoo!に買収を提案中 - GIGAZINE

Yahoo!がマイクロソフトからの買収提案に対して検討する旨を発表 - GIGAZINE

Googleがマイクロブログサービス「Jaiku」を買収 - GIGAZINE

GoogleがYouTubeを16億5000万ドルで買収決定 - GIGAZINE

Google、「Writely」を買収 - GIGAZINE

in メモ, Posted by darkhorse