デザイン

1960年代ブラウン製品のデザインが現在のApple製品にそっくり


Appleのデザイン部門を率いるジョナサン・アイブはこれまでiMacやiPodなどの斬新でスタイリッシュな製品デザインを生み出してきました。しかし、1950年~60年代にディーター・ラムがデザインしたブラウンの製品には見た目がそっくりなものがあるようです。

詳細は以下から。The Future Of Apple Is In 1960s Braun 1960s Braun Products Hold the Secrets to Apple's Future

左がブラウン社のラジオT1000で、右がPower Mac G5。


ブラウン社のテレビと最新のiMac24インチ。


ブラウン社のポケットラジオT3とiPod。


サウンドシステムL60とiPod Hi-Fi。


スピーカーのLE1とAppleのiMac。さすがにこのあたりは無理矢理こじつけた感があります。


実際にジョナサン・アイブがディーター・ラムスの影響を受けているのか、それともただ偶然似ているだけなのかは分かりませんが、今後も雰囲気の似ているデザインが登場する可能性は低くなさそうです。

・関連記事
メジャーリーグ史上初の魔法のようなバットのムービー - GIGAZINE

iPodスポーツブラ「The POWER POUCH」 - GIGAZINE

アメリカのスポーツ選手長者番付トップ50、1位はタイガー・ウッズ - GIGAZINE

いろいろなスポーツの珍妙な一瞬を激写したドラマチックな写真 - GIGAZINE

スポーツ選手の全身を使った喜び表現あれこれ - GIGAZINE

in デザイン, Posted by darkhorse_log