松下が社名をパナソニックに変更、ナショナルブランドは消滅


大手家電メーカーの松下電器産業株式会社がこれまで展開してきたブランド「パナソニック」を社名にする方針を固めたそうです。また、それに伴い生活家電で展開していたブランド「ナショナル」もパナソニックに統一されることとなります。

詳細は以下から。asahi.com:松下、社名を「パナソニック」に ブランド名と社名統一 - 関西

日本ではテレビなどのAV機器は「パナソニック」、冷蔵庫や洗濯機などの生活家電は「ナショナル」というブランドで事業を展開してきましたが、企業イメージやブランド力を高めるため、社名とブランド名を海外でも広く浸透しているパナソニックに統一するそうです。

松下が海外進出を図った時、すでにナショナルという名前が使われていたため、海外のブランドは全てパナソニックとなっており、国内のみのブランドだったナショナルに社名を変更するという選択肢はとられなかったようです。

・関連記事
サンガリアの社名の由来は「国破れて山河あり」 - GIGAZINE

社名や製品名に「Pod」というフレーズを入れてはいけません - GIGAZINE

松下電器、GoogleやYouTubeと提携したテレビを発表 - GIGAZINE

0

in メモ, Posted by darkhorse_log