メモ

12月24日から青空文庫で夢野久作の奇書「ドグラ・マグラ」公開


「本書を読破した者は、必ず一度は精神に異常を来たす、と称される」などとWikipediaで紹介されている、夢野久作の小説「ドグラ・マグラ」が本日12月24日から青空文庫で無料公開されます。作品は構想・執筆に10年がかけられており、夢野久作の死の1年前に刊行されました。ジャンルとしては探偵小説に分類されるそうで、刊行時は「幻魔怪奇探偵小説」と呼ばれていたようです。

詳細は以下から。
図書カード:ドグラ・マグラ

ルビありのテキストファイルでのダウンロードと、XHTMLファイルでの閲覧ができます。

ドグラ・マグラは他に例を見ないような特異な作品で、「黒死館殺人事件」、「虚無への供物」とともに日本探偵小説三大奇書とされています。機会があれば一度読んでみてはどうでしょうか。

・関連記事
女子高生作という宣伝文句の官能小説は盗作で、しかも作家は男子高校生 - GIGAZINE

日本初、ボーイズラブ専門の電子書籍サイト「eboyslove.com」 - GIGAZINE

小説・コミックで展開中の「るり色輪廻」がネットラジオドラマ化 - GIGAZINE

ついにあの「リアル鬼ごっこ」が実写映画化 - GIGAZINE

in メモ, Posted by logc_nt