ヨドバシカメラ、公衆無線LANサービスを業界最安値の月額380円で開始


日本経済新聞社の報道によると、大手家電量販店のヨドバシカメラが今月22日から、業界最安値にあたる月額380円で公衆無線LANサービスを開始するそうです。

気になる利用できるエリアについてですが、全国6000ヵ所を超えるスポットで利用できる上に、オプションプランを契約すると1万4000ヵ所以上で利用可能になるとのこと。

詳細は以下から。
公衆無線LAN、月380円で・ヨドバシが新サービス

この記事によると、22日からヨドバシカメラが開始する公衆無線LANサービスは月額利用料380円で、プロバイダ契約のいらない有料サービスとしては業界最安値となっており、Appleの「iPod Touch」などを用いて出先で音楽や映像を取り込むユーザーの利用を見込んでいるそうです。

そして無線LANサービスを手がけるトリプレットゲート社を通じてソフトバンクテレコムやライブドアが敷設する公衆無線LANネットワークを利用することにより、ユーザーはマクドナルドやドトールといった飲食店やホテル、公共交通機関など約6000ヵ所でブロードバンド通信が可能になるとのこと。

価格もさることながら、利用可能スポットの数が素晴らしいですねこれは…。

・14:20追記
正式にトリプレットゲート社から発表が行われました。サービス名は「WirelessGate(R)ヨドバシオリジナルプラン」で、月額料金は税込380円。ヨドバシカメラ店舗およびWEBサイト「ヨドバシ・ドット・コム」で22日から受付を開始。なお、オプションプランを契約することで、フレッツスポットでも利用可能になり、合計1万4000ヵ所以上で利用できるようになるそうです。

公衆無線LAN接続サービス「ワイヤレスゲート(R)」ヨドバシカメラで販売開始

・関連記事
無線LAN共有サービス「FON」、12月8日からルータ無料キャンペーンを実施 - GIGAZINE

自分のデジカメを無線LAN対応にできるSDメモリーカード「Eye-Fi」 - GIGAZINE

Googleの無料無線LAN接続サービスは今、どうなっているのか? - GIGAZINE

無線LANの電波は携帯電話よりも身体に悪い? - GIGAZINE

0

in モバイル,  ネットサービス,  メモ, Posted by darkhorse_log