ハードウェア

東芝が5分で充電可能、10年以上の長寿命を実現した充電池を開発


東芝が5分で充電できる上に、10年以上の長寿命を兼ね備えた新型二次電池「SCiB」を開発しました。

非常に高性能な充電池ですが、高性能なだけでなく破裂や発火の可能性が低いなど、従来の電池よりも安全性も非常に高いとのこと。

詳細は以下の通り。
東芝によると、今回開発された二次電池「SCiB」は、東芝独自の新負極材、新セパレータ、新電解液を採用し、さらに新たな生産技術を確立したことにより、ショートや熱暴走、破裂、発火の可能性が極めて低いといった高い安全性と、約5000回繰り返し充電が可能なため、1日1回充電を行っても10年を超える長寿命性能、そしてわずか5分間で容量の90%以上の充電が可能な急速充電性能を実現したそうです。

今回開発された新製品は4.2Ah(アンペアアワー)のセルを10個直列に配列したモジュールで構成されており、電動自転車や電動バイク、フォークリフト、建設機械などに加え、非常用電源や風力発電での電力回生や電力品質の安定化などの用途への適用可能とのこと。将来的にはより高性能な電池セルの開発を進め、ハイブリッド自動車や、将来の電気自動車などへの適用も目指すとしています。

とても素晴らしい技術ですが、小型化してノートパソコンや携帯電話などに採用されるといったことはないのでしょうか…。

・関連記事
東芝、コストを抑えた世界最大クラス128GBのSSDを発売 - GIGAZINE

フラッシュメモリドライブ搭載dynabook SS RX1/T9Aをフォトレビュー - GIGAZINE

dynabook SS RX1/T9Aのフラッシュメモリドライブ起動速度比較ムービー - GIGAZINE

東芝、世界初の32GB SDHCメモリカードを発売 - GIGAZINE

東芝、Cellを応用した「SpursEngine」プロセッサを開発 - GIGAZINE

東芝、携帯機器向けに160GBの1.8インチHDDを商品化 - GIGAZINE

in ハードウェア,   メモ, Posted by darkhorse_log