試食

メガマックを超えた最強クラスの「スーパーメガウェンディーズ」試食レビュー


先日GIGAZINEで、ウェンディーズからメガマックやメガ牛丼を超えた「スーパーメガウェンディーズ」が発売されることをお伝えしましたが、本日さっそく食べてみました。

肉が300gという化け物サイズのハンバーガーのお味はいかに。

詳細は以下の通り。
買って並べてみました。左が以前紹介した105円バーガーの「Jr.ハンバーガー」で、右が「スーパーメガウェンディーズ」です。


大きさが全然違います。


さっそく「スーパーメガウェンディーズ」の包みを開けてみました。肉が3枚とベーコン、チーズやレタスが挟まっています。


トマトやタマネギ、ピクルスも。


さっきの「Jr.ハンバーガー」と比べたところ。ボリュームが全然違います。


包みを開けて並べてみると圧巻ですね…。


ちぎってみたところ。とにかく肉だらけです。


クーポンが入っていたので、先日取り上げたマクドナルドのメガたまご、メガトマトのクーポンと比べてみました。どっちもインパクトのある表紙です。


食べてみた感想ですが、とにかく肉がうまい。105円バーガーの時と同じで、バーガーキングの直火焼きの肉に近い高級感があります。

そしてトマトやピクルスも味のクセが強くなく、苦手な人でも食べやすいようになっていることや、ベーコンのうまみが生かされているおかげで、とてもボリュームがあるにもかかわらず、食べ飽きなくなっています。もう少しスパイスが入っていてもいいような気もしましたが、編集部員全員が「おいしい」との評価でした。これはかなりいいのではないでしょうか。

Wendy's スーパーメガウェンディーズ

・関連記事
肉の代わりに「あんこ」が入った「あんバーガー」のお味はいかが? - GIGAZINE

肉が通常の3倍、すき家の「メガ牛丼」を食べてみました - GIGAZINE

肉が4枚の超巨大バーガー、メガマックを買ってきました - GIGAZINE

in 試食,   メモ, Posted by darkhorse_log