ウェブアプリ

会員制ログイン機能を簡単に付加するスクリプト「PHPLogin」


「会員制ログイン機能」を搭載しようと思うとなかなか骨が折れます。で、そういった面倒な部分のみを提供し、簡単に実現できるのがこの「PHPLogin」というスクリプト。既存のスクリプトなどにすこし追記するだけで使用可能です。

実現できる機能としては、会員のログイン率のグラフ化、ユーザーのグループ化、メールの一斉配信、フォームの入力チェック、オンラインかオフラインかの表示、多言語対応、メールによる認証、二度目以降のログインの省略などなど。

ダウンロードと実際の機能の詳細、デモなどは以下から。
PHP Login script
http://www.phplogin.net/

以下のページから無料版がダウンロードできます。無料版は20ユーザーまでという制限があります。ちなみに有料版だとユーザー数が無制限で、価格は29ドル。

Download the trial version of PHPLogin

中身としてはPHPとMySQLで実現しており、なんとウェブベースでセットアップすることができるという親切設計。アーカイブを解凍すれば出てくるinstall.phpにアクセスすればあとは手順に従うだけ。

以下が実際に試してみることができるデモです。ログイン可能。

Login | PHPLogin | PHPLogin - the best login script - phplogin.net

「Login」をクリックすれば試用できます


これが管理者用のコントロールパネル。ここからコードが生成できます。


ログイン機能を付加するためのコード生成をするにはまず「Get restriction code」をクリック


グループを選んで「Get restriction code」をクリック


するとこのようにコードが生成されるので、自分のスクリプトにコピペすればOK。


こういうグラフも作成可能なのでいい感じ


なお、付属のREADME.txtには、ログインしている人にだけコンテンツを見せたい場合、逆にログインしていない人にだけコンテンツを見せたい場合、管理者だけに見せる場合などの使い方例が載っています。

・関連記事
メンバー登録が必要なサイトを登録せずに利用する「BugMeNot」 - GIGAZINE

無料のプロジェクト管理ツール「activeCollab」をUSBメモリで動かす方法 - GIGAZINE

Googleにサイトを全消去されたかわいそうなサイト - GIGAZINE

シンプルなPHPとMySQLの最適化方法「当たり前を積み重ねると特別になる」 - GIGAZINE

メアドをスパムに利用されないように暗号化する「emailProtector.js」 - GIGAZINE

実際にスクロールするまで画像を読み込ませない「Lazy Load Plugin for jQuery」 - GIGAZINE

in ネットサービス, Posted by darkhorse