ハードウェア

コンセントがない場所でも使える究極の太陽光発電パソコン


太陽光で発電できるため、電気が使えないような極地でも利用することが可能なデスクトップパソコン「THE ALEUTIA E1」です。

18ワットという超低消費電力で動作可能な上に、ちゃんと電力をまかなうことができるソーラーパネルや液晶モニタも用意されています。

詳細は以下の通り。
ALEUTIA - The Ultimate Off Grid Computer

このページによると、「THE ALEUTIA E1」は200MhzのCPUと128MBのメモリに加えて、2GBのフラッシュメモリをストレージとして搭載。OSはPuppy Linuxでブラウジングのほか、Excelファイルなどの閲覧も可能。折り曲げ可能な防水キーボードも付いています。

USB2.0対応のポートが3つとLAN、VGA端子などがあります。


また、オプションとして10ワットで動作する8インチの液晶モニタ(解像度は640×480)と、26ワットの電力を供給できるA4サイズのソーラーパネルやリチウムイオン充電池があります。

左上が液晶モニタ。


実際に起動しているところ。


これがフルセット。


本体価格は179ポンド(約4万円)とリーズナブルなので、極地に赴く予定がある人には良いのではないでしょうか。

・関連記事
単三電池で高エネルギー電子ビームを発生できる「超小型電子加速器」 - GIGAZINE

宇宙の太陽光をレーザーに変換、エネルギーとして使う技術が登場 - GIGAZINE

ソニー、植物のぶどう糖で発電するバイオ電池を開発 - GIGAZINE

超巨大な箱舟型の太陽光発電施設「ソーラーアーク」の写真やムービー - GIGAZINE

in ハードウェア,   メモ, Posted by darkhorse_log