吉野家、牛丼の24時間販売と全品値引きの「歳末牛丼祭」を開催


現在牛肉の調達量の少なさから、午前11時から翌日午前0時の13時間限定で販売されている吉野家の牛丼ですが、12月5日(水)から行われる「歳末牛丼祭」で、牛丼販売休止以来初めての24時間販売を行うそうです。

また、全品一律で値引きが行われるとのこと。

詳細は以下の通り。
予告 吉野家 歳末牛丼祭

このページによると、吉野家は12月5日(水)11時から12月11日の24時まで、「歳末牛丼祭」を行うそうです。期間中は牛丼販売を休止した2004年以来、初めての24時間牛丼の販売が行われるとのこと。

そして同時に牛丼が全品一律50円値下げされ、牛丼の並盛が330円(通常は380円)、大盛が430円(同480円)、特盛が580円(同630)円になるほか、牛皿や牛鮭定食も50円値下がりするそうです。

「並盛だけ提供」というような制限がないというのがうれしいですね。

・関連記事
牛丼復活で好調な吉野家が地域別価格を検討 - GIGAZINE

本日15時から発売の吉野家の「鰻丼」を買ってきました - GIGAZINE

吉野家、12月から毎日時間限定で牛丼販売再開 - GIGAZINE

吉野家の牛丼を買うため200人近くの行列に並んできました - GIGAZINE

吉野家、9月18日に「牛丼復活祭」を開催 - GIGAZINE

0

in ,  メモ, Posted by darkhorse_log