世界中で有名なマリオの意外に知られていないトリビア


世界中で有名なマリオの意外に知られていないトリビアです。マリオの名前の由来や、初登場のゲームタイトルなど話のネタになるようなものがあります。

詳細は、以下から。Neatorama » Blog Archive » 10 Mario Fun Facts!

マリオと言う名前は、会議中に支払期限の遅れた家賃の催促に来たMario Segale氏(任天堂アメリカオフィス地主)にちなんで名づけられた。

ゲームキャラクター歴史の中で一番有名、しかもキャラクターとしても一番有名かもしれない。1990年のMarketing Evaluationsによる調査によるとミッキーマウスよりも人気があった。

マリオは200タイトル以上のゲームに出演し、総合計売上本数では19億3100万本以上である。

マリオが帽子をかぶっているのは、髪よりも簡単に描けるため。また口ひげを蓄えているのは、当時画像の質があまりよくなく口よりも見やすいため。

マリオが初めてファミコンに登場したのは「ドンキーコング」。しかも、その時名前無く名称は単なる「ジャンプマン」。さらに、職業は配管工ではなく大工であった。

マリオのフルネームは、マリオ・マリオである。

さらに詳しい情報はこちらのリンクから
マリオ (ゲームキャラクター) - Wikipedia

・関連記事
操作なしで自動でステージをクリアする全自動マリオのムービー - GIGAZINE

レゴで作ったマリオ3の1面 - GIGAZINE

死んだマリオはいったいどこへ行くのか? - GIGAZINE

マリオのハテナブロックが住民を恐怖のどん底にたたき落とした - GIGAZINE

マリオの「スーパーキノコ」そっくりのキノコは実在した - GIGAZINE

マリオに出てくる「1UPキノコ」栽培キット - GIGAZINE

いろんな楽器でマリオを演奏 - GIGAZINE

in メモ, Posted by darkhorse_log